駅トイレの空きがわかる神アプリ!犯罪が懸念、便利>安全で大丈夫?

Pocket

駅トイレの空き状況が分かる東京メトロのアプリが神アプリだと話題です。混み合う駅で急にトイレに行きたくなった時に超便利!でも、トイレが犯罪の温床というのはグローバルスタンダードです。駅トイレの空きがわかる神アプリって、犯罪者にも神じゃない?便利>安全で本当に良いの?の視点でまとめました。

スポンサーリンク

駅トイレの空きが分かるアプリは小田急アプリから

2017年6月にリリースされた小田急電鉄の公式アプリ「小田急アプリ」には、新宿駅にある2か所のトイレにある各個室の空き状況を表示する機能が備わっています。

当時、鉄道各社が公式アプリをリリースしていましたが、この駅トイレの個室空き状況がわかる機能は、2017年9月時点では小田急電鉄ならではのサービスでした。

個室トイレのドアにセンサーを取りつけてドアの開閉を検知し、そのデータをもとに、連携するアプリでトイレの使用状況がわかるというしくみです。

ドアが開いていれば「空き」、閉まっていれば「使用中」と判談されるわけです00。

小田急新宿駅のトイレは、西口と南口で離れています。

トイレを使いたいときに、スマホでどちらのトイレが空いているかを把握することができれば、移動の負担や不安を軽減できるのではないか、という発想から生まれたそうです。

出典:小田急電鉄HP

小田急電鉄によると、ITを活用したサービスを検討するなかでアイディアが生まれたそうです。

震災時支援マップという機能の一部で、小田急線各駅周辺の一時避難施設や公衆トイレなど、災害発生時に役立つ施設・設備などの情報を確認できるアプリを開発する中で加えられた機能です。

震災時支援という発想も、小田急が先駆けだそうです。
現在は新宿駅以外でも利用できる駅が増えているそうです。
アプリのダウンロードはもちろん無料です。

駅トイレの空きがわかるアプリはKDDI IoTクラウドを活用

トイレの空き状況を表示する機能は、KDDIのサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」を利用したものだそうです。

「IoT」は「モノのインターネット」などといわれ、IT機器に限らず幅広いモノをインターネットに接続させることを指します。

KDDIは、IoTで社会がより便利になるように、商業施設や交通機関に幅広く応用していく方針です。

駅トイレの空きがわかるアプリ 東京メトロでも人気

東京メトロは、2017年12月1日から、駅の個室トイレの空き状況をスマートフォンアプリで知ることができる「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を池袋駅で行いました。

2018年2月末まで実施し、ユーザーの利用状況からサービス拡大を拡大しました。

出典:東京メトロHP

東京メトロの公式アプリにアクセスすると、男性、女性、多機能トイレそれぞれのトイレの総数と、そのうちいくつが利用中かまで分かります。

アプリは電車の始発から終電まで利用できます。

もちろんこちらも無料です。

駅トイレの空きが分かるアプリ いつ、誰が使うの?

実証実験の結果、アプリを最も多く利用したのは、朝の通勤時間帯のビジネスパーソンだったそうです。

「急いでいる」「乗り換えのタイミングで確認したい」という声が多かったそうです。

1秒も無駄にできない東京の通勤ラッシュならではでしょうか。

サービス開始が報じられると、SNSを中心に「神機能」と評判になりました。

近年、過敏性腸症候群を患う方が多くなっているそうです。

また、お酒を飲んだ翌朝、おなかが痛くなる方も多いそうですね。

そういう方にとっては、まさに神アプリかもしれません。

スポンサーリンク

駅トイレの空きが分かるアプリ 女性に違和感

実証実験では利用者の性別や年齢などは分析していないそうです。

しかし、女性の中には違和感を持つ人も多いことがSNSで分かっています。

自分がトイレに入っている状況が表示されることに抵抗がある女性。

駅のトイレは、ただでさえ薄気味悪い感じがします。

駅がショッピングビルとつながっているときは、そちらを選ぶ女性が多いようです。

情報の悪用を心配する声もみられました。

駅トイレの空きがわかるアプリは犯罪者にも便利!

トイレの空き状況がわかって便利なのは、利用者だけではありません。

盗撮や待ち伏せなど、犯罪をもくろむ人にとっても便利です!

例えば、女性が1人で個室トイレに入っているとき、悪さをしようとする人は「ラッキー」と思いますよね。

また、最近問題になっている「トイレにカメラをしかけて盗撮」しようとする犯罪者は、女子トイレに人がいないタイミングをはかりやすくなります。

2018年3月には、JR亀戸駅の女子トイレで、個室から出てきた女子高生が頭部をハンマーで殴打される事件がありました。

2018年11月には、JR小岩駅で20代の女性をトイレに連れ込み暴行を加えようとした男性が、逮捕される事件も発生しています。

駅トイレの空きがわかるアプリ トイレが犯罪の温床なのは世界標準!

トイレが犯罪の温床だというのは、世界の常識だそうです。

東京2020を控え、ますます外国人の労働者や旅行者が増えている現在、日本が好かれる理由の1つは「安全」だったはずです。

しかし、最近の日本は、「安全」よりも「便利」を優先しすぎていませんか?

海外では、トイレを悪用する人が必ずいる、という前提で設計されているそうです。

日本の駅のトイレは、男性と女性の入り口がすぐ近くにあります。

しかし、海外では男性用と女性用は離れた場所に設置するのが当たり前だそうです。

駅は多くの人が利用する場所です。

荷物の置き引きには気を付けても、トイレの空室状況がダダ漏れ、というのはあまりにも不用心です。

駅トイレの空きがわかるアプリ 安全対策はあるか?

まず、トイレを管理する企業がトイレ自体の設計や配置を見直す必要があります。

すぐに改築するのは無理でも、防犯カメラの設置方法を工夫し、犯罪者の動きを見逃さないようにするなど、設置者側でできる対策があります。

また、東京メトロのアプリをご覧いただけば分かりますが、4分の4とか4分の2とか、いくつトイレがあって、いくつトイレが設置されているか、まで表示されます。

せめて、数字を明記しないとか、設置トイレ数を表示しないとかはできないでしょうか。

超満員、満員、やや空きあり、空きあり、程度でも役に立ちますよね。

さらに、アプリでは駅構内の立体図も見られます。

みつかったらここを通って逃げよう、など、詳細な計画を立てて悪事をはたらくわけです。

日本の駅の管理者も、駅は犯罪が起きやすい場所だという認識をしっかり持つべきだと思います。

しかし、現在東京メトロでは平時からトラブルが起きないよう警備員などによる巡回を強化しているため、新たな防犯対策はしていないそうです

SNSの反応やネットの情報などもぜひ参考にしていただき、安全神話を現実にしてほしいものです。

駅トイレの空きがわかる神アプリ!犯罪が懸念、便利>安全で大丈夫?まとめ

  • 駅トイレの空きが分かるアプリはおおむね好評で、「神アプリ」といわれている。
  • 駅トイレの空きが分かるアプリを不安に思う人も少なくない。
  • 世界標準では、駅トイレは犯罪の温床という認識だ。
  • 駅トイレの空きが分かるアプリ運用には、安全への対策が必要だ。

さらに、現在は駅に限らず、現在いる場所から近いトイレの場所や空き状況がわかるアプリが6種類ほどダウンロードできます。

すべて無料です。

この中で、筆者は特にユニバーサルトイレの場所を教えてくれるアプリは必要な者だと思います。

Check A Toilet for iPhon です。

便利さの使いどころを工夫して、安全∩便利(安全かつ便利)な日本であり続けて欲しいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする