田中義剛 地牛乳で牛乳界参戦!矢口牧場の地牛乳ブランド論争も?

Pocket

出典:UPーFRONT CREATE HP

地牛乳って何でしょう?花畑牧場の田中義剛さんが新ビジネスとしてなにかを売り出すそうです。生キャラメルの爆発を思い出します。地牛乳って何?地牛乳で勝負に出る田中義剛さんと花畑牧場の未来について調べてみました。

スポンサーリンク

地牛乳 2019.1.6「坂上指原つぶれない店」で田中義剛の新ビジネスを紹介

2019年1月6日18:30からTBS系列で放送される「坂上指原つぶれない店」で、田中義剛さんの「地牛乳」が紹介されます。

生キャラメルで一躍有名になった花畑牧場を運営する田中義剛さん。

2007年には人気が爆発し、生キャラメルはなかなか手に入りませんでした。

それから、お高い!

今でもたった72gで780円です。

生キャラメはすべて手造りとしてアピールしていましたが、途中から実は機械で製造していた、と暴露されて話題になりました。

現在ではコンビニとかで手に入ります。

その田中義剛さんですが新しいビジネスに挑戦していた、ということのようです。

地牛乳って何?

地牛乳って何でしょうか?

出典:伊勢原産牛乳プロジェクトHP

「地牛乳」とは、地元に特化した生乳を低温殺菌で加工した牛乳のことです。

牧場などで購入できる「○○牧場牛乳」などは、それにあたると思われます。

ある程度の保存のきく製法をした地域密着型の牛乳は、これまでにも販売されてきました。

私たちがスーパーで手に入れられるものです。

しかし、多くの「地牛乳」にあたる商品は、1つの大きな牧場か、数戸の牧場に特化されているため、一般的に流通するほどの数が生産できない現状があるようです。

その規模を大きくして販売しようというのが花畑牧場の新ビジネスだと思われます。

地牛乳 タカナシ乳業の地ミルク

「地牛乳」「地ミルク」と名付けて販売している商品は、今のところ2社だけです。

1つは、タカナシ乳業の「地ミルク」です。

出典:タカナシ乳業

「いせはら地ミルク」とは、神奈川県伊勢原市にある3戸の酪農家の生乳のみを使用した牛乳です。

生乳本来の味わいを活かすため、79℃15秒の低温で殺菌し、均質化を極力抑えることでクリーム(乳脂肪分)が浮かんでいます。

びん容器で遮光性の高いシュリンクフィルムと天面シールを採用し、光による風味劣化を防いでいるそうです。

数日おくとクリームが浮かんでくるミルクは、伊勢原市による「伊勢原産牛乳プロジェクト応援団」の支援の賜だそうです。

地牛乳 吉本乳業の地乳

もう一つは吉本乳表の「地乳」です。

出典:吉本乳業HP

「ぢちち」と読むんですね。

「さかわの地乳」は、大正5年に創業の吉本牧場で、「本当においしい牛乳づくり」と「健康づくりのお手伝い」をめざして開発が始まりました。

昭和元年に高知県佐川町に牛乳工場を構えたのがはじまり。

それからずっと、佐川町の4戸の酪農家の生乳だけを使用し、昔ながらのつくり方にこだわって製造しています。

バッチ式殺菌方法といって、大きな釜でかき混ぜながらゆっくりと加熱することで、生乳本来の風味を損なわないおいしい牛乳となるそうです。

出典:吉本乳業

田中さんの新しいビジネスは、この地牛乳を活用するらしいのです。

スポンサーリンク

田中義剛 花畑牧場の今

かつて人気観光地だった花畑牧場。

今やブームも去って閑散としているようです。

もともと観光牧場で、売れるうちに売る、みたいな感じだったそう。

生キャラメル全盛の頃は、生キャラメルを買うには豚丼を食べなければいけないとか、
抱き合わせ販売もありました。

以前からサービスの悪さ、不衛生さが不評だったそうです。

生キャラメルはあんな強引な売り方をしなければ、という声もしきりです。

田中さんは生キャラメルは花畑牧場が元祖と言っていましたが、最初に商品化して販売していたのは北海道興部町のノースプレインファームだそうです。

ノースプレインファームはもう生キャラメルの販売はしていません。

ちなみに花畑牧場はタイにチーズ工場を建設していて大儲けしているそうです。

「ロサンゼルスで第三ウェーブ」「チーズで世界進出!!」と番組予告にあります。

ロサンゼルスに進出しているのでしょうか。

また、ローソンのチーズタルトは花畑牧場で作っているそうで、田中さんの商才は十分なようですね。

昨年のTV番組で、一時は借金が4億円まで膨らみましたが、「ラクレットチーズ」に目をつけて大逆転したという報道もあったようです

ラクレットチーズの国内シェア90%を獲得し、年商10億円を稼いでいるというウワサです。

田中義剛「つぶれない店」で話したこと

田中さんが力を入れているのは、やはりチーズのようです。

田中さんは「LA(ロサンゼルス)で流行ったものは2年後日本に来る」と言い切りました。

番組では田中さんは「天才ビジネスおじさん」と呼んでいます。

「ブラータ」というイタリアのチーズの名前を「生モッツァレラ」と言い換えて、半年で5億円儲けたそうです。

LAにチーズのサードウェーブが来ているという田中さん。

マーケット「イータリー」(イタリアの食のテーマパークだそうです。)で紹介したのは、超巨大パルメザンチーズ(1個20万円)。

本場では天井まで積み上げる姿が魅力的だそうです。

イータリーでは、チーズに専用のナイフを入れ、砕いて人々に分けます。

(チーズの解体ショウです。)

しかし、サードウェーブは、これではありません。

いろいろ食べまくる田中さん。

田中さんの目的は「生モッツァレラ」がらみのようです。

「生モッツァレラ」チーズの売り方がサードウエーブだそうです。

製造工程の全てを見せて、パックに詰めて「生モッツァレラ」チーズを売るのです。

それを見せるのが田中さんの次のビジネスだというのです。

SNSで話題になるよう、レストランで生モッツァレラチーズを作って見せるのだそうです。

帰国後すぐに講習会を開催、材料はちゃっかり花畑牧場から調達。

その10日後には実店舗で行動しちゃうんです。

すごい行動力!

生チーズが伸びるシーンがお客さんに大受けでした。

田中さんは100店舗、億単位の売り上げを期待しているようです。

田中義剛 モノではなくコトを売る商法!

田中さんはスタジオでシズル感たっぷりのブラータを披露しました。

出演者は絶賛。

「上手いなんて言うな」という坂上さんの言うことを聞く人はいません。

さらに田中さんは新しいブラータ「トリュフ味」も紹介。

仕上げを店でするために人件費を削減できるので、さらに儲かります。

田中義剛 そして地牛乳、牛乳王を狙う!

田中さんは北海道別海町(根釧エリア)に。

田中さんはここで「地牛乳」ビジネスを展開するというんです。

ヒントはLAの地ミルクのこだわりです。

アメリカでは産地や生産者でものを選ぶのがトレンドだそうです。

牛乳にも「地ビール」「地酒」のような「地牛乳」の流れが来ているというのです。

根釧地域の「矢口牧場」を訪れた田中さん。

矢口牧場の牛乳は、乳脂肪分の高さが他の牛乳とは違うのです。

普通3.5%の乳脂肪分が4.0以上。

えさ、飼い方、血統が3つ揃わないと乳脂肪分は上がらないそうです。

東京ドーム15個分の広大な敷地で、天然の草を食べるたった56頭の牛から、リッチなミルクが生まれるのです。

2018年4月の法改正で、牛乳は生産者が直接販売できるようになったため、田中さんが目をつけたそうです。

牛乳界は保守的なので、値段とインパクトがなければ売れないそうです。

普通は250円くらいする地牛乳を199円で売るというのです。

タンクローリーでミルクを運び、首都圏でパックして売るそうです。

出演者も引くほどのビジネスパワー!

生産者にも価格の上でメリットがあるそうです。

私たちの口に入るのももう少しのようです。

田中義剛 地牛乳は2019年1月7日からここで買える!

矢口牧場発の地牛乳は、「北海道プレミアム牛乳」として商品化されるそうです。

首都圏のイトーヨーカドー、ヨークマート、ドンキホーテで2019年1月7日から発売されるということです。

これは要チェックですよ。

田中さん=高い、のイメージを払拭した199円ですものね。

田中さん、放送予定日に合わせて発売!かな。

さすがは「天才ビジネスおじさん」ですね!

田中義剛 地牛乳反響は?

ホントに199円ですね!

https://twitter.com/mitsue923/status/1081876439786348544

田中義剛地牛乳で牛乳界参戦!ブランド論争も?

Twitterではこういうことになっています。

「矢口牧場」にこだわった田中さんの気持ちは、番組でも説明されていたのですが、いろいろな考え方があるのですね。

田中義剛地牛乳で牛乳界参戦!矢口牧場の地牛乳はヒットするか?まとめ

  • 田中義剛が地牛乳商戦に参入するらしい。
  • 田中義剛は過去、生キャラメルで大ヒットした。
  • 田中義剛は今、チーズで儲けているらしい。
  • 田中義剛は、生モッツァレラチーズをレストランで製造販売するらしい。
  • 田中義剛は、法改正をチャンスに地牛乳を安く販売する。
  • 田中義剛の地牛乳は2019年1月7日からイトーヨーカドー、ドンキで買える。
  • 花畑牧場ブランドに対して疑問の意見が出ている。

うーん、お金を稼ぐ方の発想ってすごいですね。

地牛乳、楽しみです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする