遠藤憲一2019冬ドラマで妖精になる?引退し温泉仲居になるかも!

Pocket

出典::日刊スポーツ新聞

遠藤憲一さんが相変わらず人気です。2019年冬ドラマで、何と引退発表!?引退して温泉で仲居になるリアル系ドラマに出演。一方、女子トイレに出没するカワイイ?妖精さんの役も。遠藤憲一2019冬ドラマ、引退して温泉仲居になるか、妖精になるか、をまとめました。

スポンサーリンク

遠藤憲一2019冬ドラマ 引退を発表!?

遠藤憲一さんが2019冬ドラマで引退発表!?

エンケンさんこと遠藤憲一さんは、1961年6月28日生まれですから、2019年1月現在57歳です。

引退するのは早くないですか?

そういえば、「エンケンさんの顔に飽きた!」なんて記事も見たなあ。

と心配になって調べてみました。すると…。

遠藤憲一2019冬ドラマ 引退して温泉仲居になる?

遠藤憲一さんが「役者引退宣言」をしたといううわさが流れました。

真相を探るべくスタッフが向かった先で見たものは…。

遠藤さんが中井田健一と名乗って温泉宿で働く姿でした。

中井田(仲居だ!)健一は、すご腕の男仲居です。

遠藤さんは、各地で出会ったワケあり美女たちの事情に首を突っ込み、問題解決のため駆け回ることになります。

遠藤憲一2019冬ドラマ 「さすらい温泉 遠藤憲一」って?

遠藤憲一主演の「ドラマパラビ『さすらい温泉 遠藤憲一』」は2019年1月16日(水)から放送スタートです。

毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほかで放送されます。

俳優・遠藤憲一が身分を隠し、「すご腕の男仲居」中井田健一として日本各地の名湯・秘湯で働きます。

虚実入り混じる密着温泉ドキュメンタリードラマ、との触れ込みです。

地上波の放送に先駆けて、動画配信サービス「Paravi」では、12月19日(水)の深夜より先行配信されています。

遠藤憲一2019冬ドラマ 「さすらい温泉 遠藤憲一」あらすじ

第1話 さすらい温泉 遠藤憲一「草津温泉〜湯畑慕情〜」

放送日:2019年1月16日 テレビ東京

群馬・草津温泉の旅館で働き始めた中井田は、同僚の仲居・理恵(ともさかりえ)と出会った途端に一目ぼれしてしまう。

しかし理恵には、小学生の息子・勇介(五十嵐陽向)がいた…。

「さすらい温泉 遠藤憲一」の見どころのは、毎回登場する「湯けむり美女」たちです。

中井田健一と共に、日本各地の名湯・秘湯で働く若おかみや、仲居を演じる美女が登場します。

何が驚いたって、調べるために動画配信サービス「Paravi」の「さすらい温泉 遠藤憲一」のサイトに行ったところ…。

なんと、「あなたは15歳以上ですか」「はい」「いいえ」の文字。

R15なんですね。

出演予定の美女たちは、総勢12人。

  • 手島優
  • 葉加瀬マイ
  • 鮎川桃果
  • 飛鳥凛
  • 並木塔子
  • 栗林里莉
  • 七海なな
  • 成宮潤
  • 岩本和子
  • 黒川サリナ
  • 松野井雅
  • 藤本かえで

の12人。

美女たちが、遠藤と一枚の絵に収まるポスタービジュアルプレミアムver.も公開されていました。

深夜枠の番組で「温泉」ときたら「湯けむり美女」なんですね~。

やはり殿方がターゲットなんでしょうね。

彼女らと物語を繰り広げる俳優が遠藤憲一さんだから、失礼ながら男性たちの反感を買わない、ということなんでしょうか。

でも、女性としては微妙…。

そんな女性には朗報があります。

遠藤憲一2019冬ドラマ 妖精さんになるってホント?

別の2019冬ドラまで、エンケンさんは「妖精さん」になって、女の子を助けてくれるんです。

2019年1月11日(金)11:15スタートです。


遠藤憲一2019冬ドラマ 「私のおじさん~WATAOJI~」城田優と共演!

遠藤さんは2019年1月7日、テレビ朝日で行われた連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」の会見に出席しました。

もちろん主演の岡田結実さん、城田優さんらと一緒です。

40年近い芸歴の中で初となる「妖精」役に挑戦する遠藤さん。

「現代モノの連ドラのときにはだいたい、ありえなさそう(な役)なんだけど、ありえそうに演じるのが好きなんですけども、今度はまったくありえない役になってしまいました」と話しました。

「今回、この強面(こわもて)の顔でスーツを着て出てきます。油断すると、だいたいヤクザか刑事になってしまうので、その辺が難しいです」と「苦労」を語ったそうです。

スポンサーリンク

遠藤憲一2019冬ドラマ 「私のおじさん~WATAOJI~」あらすじ

出典:テレビ朝日公式サイト

失恋と失業でヤケクソになった一ノ瀬ひかり(岡田さん)は、超過酷なロケで有名なバラエティー番組の制作会社に就職しました。

怒られるばかりですぐに「辞めてやる!」と切れそうになるひかり。

無理難題ばかり押し付けられ、一生懸命頑張っても怒られるばかりです。

「もう辞めてやる!」とトイレの個室に泣きながら駆け込むと、「おじさんが慰めてあげようか?」という声がします。

恐る恐るひかりが振り向くと、便器に座ってほほ笑むおじさんの姿!

「え、変態!?ストーカー!?」

絶叫するひかりに、おじさんは「妖精」と名乗ります。

その日から、ひかりにしか見えない妖精おじさんは、会社でもプライベートでも一日中そばにぴったりと張り付き、何かにつけて横から愚痴や文句を言ってきます。

言いたいことを言えず、笑ってやり過ごすひかりに「うれしくないのに、なんで笑ってるの? ムカついたんじゃないの?」と言い放ちます。

妖精なので、ひかりの気持ちを先回りして「こう思ってるんじゃないの?」

悩むひかりに「仕事とはなにか」を説くなど、仕事においてアシストする場面もあります。

「テレドリーム」の社員は、個性豊かすぎる面々です。

適当なプロデューサー・泉雅也(田辺誠一)をはじめ、聞き取れないくらいもごもご話すチーフAD・出渕輝彦(小手伸也)。

嫌味を言う「お局AP」馬場桃花(青木さやか)、いつもへらへらしている”イマドキAD”九条隼人(戸塚純貴)。

仕事はできるが「超クソ男」番組D千葉迅(城田優)。

うわあ、働きにくそう…。

ひかりは「妖精」との出会いを通して、どのように成長していくのでしょうか。

遠藤さんが演じる「妖精」さんは、「性格はすこぶる悪く、超毒舌」「息を吐くように、人を“ディスる”し、日々文句タラタラ」だそうです。

上質なスリーピースのスーツに身を包んでいて、神出鬼没です。

正体は一体なんなんでようね。

遠藤憲一2019冬ドラマ プロデューサーは「おっさんズラブ」の貴島彩理!

貴島さんは、1990年3月20日生まれ、東京都出身です。

2012年テレビ朝日に入社、バラエティー部でAD、ディレクターを経験した後、2016年にドラマ部へ異動しました。

三浦春馬さん主演の「オトナ高校」で連ドラを初プロデュース。

2作目が、あの「おっさんずラブ」なんです。

「わたおじ」が連ドラプロデュース3作品目となります。

これは期待できそうですね!

「生きていると、嫌なことがあったときに、言いたいけど言わずに“心の2ちゃんねる”だけ大荒れみたいなことって、きっとどんな人でもある」

ご自分のAD経験をいかして、「わたおじ」を企画しました。

「いつもは言えない言葉を、隣でぜ~んぶベラベラしゃべってくれる妖精がいたら、毎日楽しく仕事ができるのかなと思いまして」

「疲れた日本に人々がちょっとすっきりしてもらえるような、少し毒のあるお仕事ドラマが作れたらなと思って」企画したということです。

ドラマ部に異動して、最初に見学した現場が、遠藤さんと菅田将暉さんがダブル主演した連続ドラマ「民王」だったそうです。

あれ、すごく面白かったですよね。

妖精さんは、ひかり以外に見えていない設定です。

見えていないことをいいことに、妖精の遠藤さんが(まわりの人に)いたずらに絡んだり、目の前で小躍りしたりするので、みんな笑いをこらえるのに必死だそうです。

遠藤さん自身は、「ただの妖精」は難しそうだけど「おじさんの妖精」っていうのは面白そうだなと思い、オファーを受けたそうです。

貴島さんは、他のドラマで見たことのない新しい遠藤さんを一緒に探していきたいと話しました。

遠藤さんの魅力は「ああいう大人になれたらすてきだなと思うような方」だそうです。

遠藤憲一2019冬ドラマで引退発表?温泉仲居に妖精さんですって!まとめ

  • 遠藤憲一は、引退して温泉仲居になったという設定で2019冬ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」の主演をしている。
  • 遠藤憲一は、おっさんズラブプロデューサーによる「私のおじさん」で妖精役をつとめる。
  • 遠藤憲一さんの新しい魅力が「わたおじ」で見られる。

エンケンさんのファンである筆者は、やはり「わたおじ」が楽しみです。

一週間の疲れを一気に笑って癒やせるドラマになりそうですね。

第1話、見ました!

ADのお仕事はちょっと大げさかと思いましたが、「なんで笑ってるの?」の妖精さんの台詞は、胸にしみました。

だって、働くってそんなもんですよね。

ただ、妖精もぎっくり腰になるんだ、っていうのは笑えました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする