猫ちゃんを初めて飼う!食事、かみ癖、トイレの「困った」どうする?

Pocket

[トップ]

猫ちゃんを飼っていらっしゃる方、お困りのことはないですか?

一言に猫ちゃんと言っても、いろいろな癖を持った猫ちゃんがいます。特に、一緒に暮らすうえで、困った癖で悩んでいらっしゃる方。かわいい姿を見ていると「しょうがないか。」ってなりますが、対策がありますよ、ということをお話ししますね。

食事の困ったちゃんには?

猫はもともと肉食獣なので、食べ物を確保しておいて、少しずつ食べる習性を持っています。飼い猫の場合、「むら食い」と言われます。わんちゃんのように、一気に食べてくれると助かるんだけど、と思います。

一つの方法は、一定の時間で食事を片付けてしまうことです。だんだん、食べておかないと、と思うようになるようです。ただし、急いで食べると吐いてしまうタイプの子がいますので、その場合は難しいです。普通は1日2回ごはんをあげるのですが、3回に分けるとか、ある程度置いたままにしてあげてください。

お水を飲まないタイプの猫ちゃんには、シリンダーでお水をあげる方法もあります。お水を飲まないのは腎臓の病気につながり、猫ちゃんにとって致命的です。昼間留守にする方は、朝晩だけでもシリンダーでお水をあげてください。

ひっかく、かむ、の困ったには?

ひっかく、かむ、といった行動は、仔猫の時には頻繁にありますが、年をとるに従ってなくなります。また、猫ちゃんの性格によっては、飼い主さんと距離をとりたがる場合があります。

猫カフェでも抱っこできる猫ちゃんとできない猫ちゃんがいるように、あなたの猫ちゃんも、人間と距離を置きたいタイプなのかもしれません。ここは、あくまでも猫ちゃんファーストで。爪切りなど、保定しなければならないときは、タオルなどを使うといいです。多頭飼いにすると落ち着く例もあるようです。

トイレの困ったちゃんには?

トイレの困ったちゃんも少なくないようです。

猫ちゃんはトイレの躾がしやすい、というよりは、勝手に覚えてくれるのが一般的です。清潔なトイレが好きですから、お掃除をしっかりしましょう。

それでもトイレの失敗をする猫ちゃんがいます。筆者の猫ちゃんは、寂しいと布団に「大」をしてしまいます。また、羽毛布団に「小」をしてしまうので、家から羽毛アイテムが消えました。この子は肛門腺がかたく、詰まりやすいので、通院しています。こうした状況は、「癖」のようなもので、あまり改善されないそうです。

臭い消しのスプレーや、専用の洗剤などが購入できます。飼い主側で対応する方が良さそうです。

スポンサーリンク

猫ちゃんファーストで。

猫ちゃんは飼いやすいし、ブームにのって飼ったけれど、予想と違っていた、という方もいらっしゃると思います。けれども大切な命です。「癖」も対応次第でかわいく感じられてきます。どうか最後まで一緒にいてあげてください。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました!

[トップ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする