ペットの抜け毛対策、どうしていますか?便利なのは身近な○○!

Pocket

[トップ]

わんちゃんや猫ちゃんとの生活、楽しいですよね。筆者も猫ちゃん3匹に癒やされまくってます。でも、ちょっと困るのが抜け毛です。お手入れの頻度や道具も大切ですし、洋服やお部屋のカーペットに着くのも気になります。

今回は、ちょっとした抜け毛対策をお話しします。

ブラッシングの頻度と道具は?

みなさん、ペットのブラッシングはどれくらいの頻度でしていらっしゃいますか?

わんちゃんの場合、できれば毎日行うことが望ましいですが、週2~3回でも問題ありません。道具は犬種によって異なりますが、少なくともスリッカーブラシとコームは必要です。猫ちゃんは頻繁にグルーミングするのですが、ブラッシングしないと毛玉を吐く頻度が高くなりますので、ラバーブラシで週に2、3回、獣毛ブラシなら毎日ブラッシングしても大丈夫です。

ペットのブラッシングは、ペットのためになるだけでなく、飼い主さんとの絆を深める大切な時間です。声をかけながら、優しくブラッシングすることで、抜け毛の飛散も少なくなります。

ペットの毛が着いた洋服には?

ペットを飼っていると、服にペットの毛が付きますよね。なかなか洋服の手入れが大変です。基本のコロコロクリーナーや、毛取りブラシはもうお使いだと思いますが、最近は洗濯の時に使えるアイテムが販売されています。

ぺっとの抜け毛専用洗剤と、柔軟剤が販売されています。ペットの布製品用なのですが、調べてみると飼い主さんの衣料品にも使っていらっしゃる方がけっこういらっしゃいます。ちょっと割高にはなりますが、ひとつの方法だと思います。

また、洗濯するときに一緒に洗濯機に入れると、ペットの抜け毛を集めてくれるグッズもあります。「ランドリースポンジ」というものなのですが、口コミを調べると意見が分かれています。使ってみたら、またご報告しますね。

スポンサーリンク

カーペットの抜け毛とりには

カーペットについたペットの抜け毛も気になります。ペットの抜け毛用掃除機も販売されていますが、筆者が購入したものはあまり効果を感じられませんでした。特に、猫ちゃんを飼っていらっしゃる方は、抜け毛だけではなく猫砂も散らかるので、吸引力が不足でした。

掃除機ではない毛取りグッズがたくさん出ていますが、筆者がオススメする○○とは、ビニール手袋です!それも、普通に100均で手に入るもので十分です。手袋をはめてカーペットをこするだけで、面白いように抜け毛が集まります。あとは掃除機をかけてホコリや塵をとればOKです。

まとめ

最近では手袋型で、なでるだけでペットの抜け毛が取れる商品もでてきて、大型犬などに向いているな、と思います。いろいろな工夫をして、キレイにしてあげたいですね。衛生的な環境は、ペットにも人間にも嬉しいものです。普段のちょっとした心遣いを忘れないで暮らしたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

[トップ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする