ホワイトデーお返しスイーツランキング!必ずプレゼントに添えてね?

Pocket

出典:ライブドアニュース

ホワイトデーは男気の見せ所!スイーツのチェックも忘れずに。限定スイーツが買える今がチャンスです。どうせ買うなら女子を喜ばせたい!ということで、ホワイトデーにおすすめの女子大好きスイーツをランキング形式でご紹介します。

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!ベスト5 マシュマロ

コーヒーやココアに浮かべるとふわっと溶ける、かわいいマシュマロはいかがですか。

まるでカップにクマ君や猫ちゃんが浮かんでいるみたいで、それはもうかわいいんです。

人気のロングセラー商品です。

画像からご確認ください。

ギモーヴってマシュマロ、ご存知ですか。

触感がほろっとしたおいしいマシュマロです。

それでこの形って、女子大好きですよね。

やや安価なので、他のアイテムと一緒に渡すのもいいですね。

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!ベスト4 焼き菓子

堂島ロールのモンシェールから、かわいい焼き菓子セットはいかがでしょうか。

ハートやバラの形がおしゃれです。

味は保証しちゃいます。

箱も大人な感じです。画像からご確認ください。

かわいい肉球マドレーヌもおすすめです。

犬、猫好きの方にはもちろん、そうじゃなくてもカワイイ!の声が聞こえそうです。

こちらのショップには他にもカワイイアイテムがたくさんありますよ。

容器も使えるカワイイクッキーポットをご紹介。

クリアなポットがきれいですね。

ムーミンは大人女子にも好評です。

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!ベスト3 ケーキ

かわいいカップケーキはいかがでしょう。

こちらのショップでは、色とりどりのカップケーキを選んでギフトにできます。

すごくカワイイですよ。

女子ウケ間違いなしです。

フルーツとナッツたっぷりのクグロフ、おいしそうですね。

彼女と一緒に食べたい…かも。

マリー・アントワネットも大好きだったケーキです。

こちらもモンシェールのプチガトーです。

カワイイですね。

いろいろな味を楽しんでもらえますね。

スポンサーリンク

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!ベスト2 やっぱりチョコレート

男バレンタインはもちろん、ほわいとでーにチョコレートも普通になりました。

ただ、ホワイトチョコは好き嫌いがありますからお気を付けくださいね。

ル・コルドン・ブルーによる創作トリュフです。

こちらは本当に黒トリュフが使われたチョコレートです。

香ばしいヘーゼルナッツプラリネが入っています。

大人の上品なチョコレートです。

「ショコラの騎士」という名前も素敵ですね。

見た目が美しいチョコなら、こちらはいかがでしょうか。

ナッツやフルーツがのったチョコレートはおいしいですよね。

ちょっとアートなチョコレートもチェックしてみてください。

世田谷・クレヨンのオレンジチョコもおいしいです。

女子って、おいしいってわかっていてもなかなか自分用には買わないんです。

喜ばれること請け合いです。

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!飛び入り 和風スイーツもありです

これ、最近話題なんです。

自分で作るもなか。

あんこと、カワイイ干菓子が入っていて、ほんとうに愛らしい和菓子です。

箱もかわいいですよ。

和風の絵がきれいなチョコレート。

東京では手に入りません。

珍しさも大事ですよ。

あのゴンチャロフにも和チョコがたくさんありますよ。

ゴンチャロフは猫チョコも有名です。

画像からショップに行き、お確かめください。

男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!ベスト1はやっぱりマカロンです。

マカロンが嫌いな女子はいないんじゃないかなあ。

ということで、やっぱりマカロンと言ったらピエール・エルメです。

あなたのセンスを売り込んじゃいましょう。

マカロンといえば、ダロワイヨもいいですね。

こちらはあまおうイチゴのマカロンです。

色とりどりもいいけれど、赤一色も情熱的ですね。

真っ白いマカロンもオシャレですね。

これ、ひとつひとつ味が違うんです。

上品さが魅力のこちらもチェックしてみてください。

 男バレンタイン・ホワイトデー女子が嬉しいスイーツランキング!まとめ

今年は男バレンタイン、ご存知でしたか。

まだまだ間に合います。

また、ホワイトデーにかけては、バレンタインデーよりもお菓子が品薄になりますので、お早めにお買い求めください。

ただし、賞味期限をお確かめくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする