【TikTok】危険性とその回避方法とは?

Pocket

[トップ]

ショートビデオコミュニティー【TikTok】、JKや若い女性にすごい人気です。2018年新語・流行語大賞にもノミネートされました。

手軽なツールとはいえ、動画を発信するこのアプリ、TwitterやInstagram以上に危険なことがあります。投稿するときの注意点をまとめてみました。

TikTokとは?人気の理由

スマートフォン向けショートビデオSNSサービスのTik Tok。撮影した15秒のショートムービーを、音楽やエフェクトで加工・編集して投稿できるサービスです。世界150ヵ国以上で利用され、利用者はは1億人以上と言われています。一時的ではありますが、Facebook、Instagram、YouTubeのダウンロード数を上回り、ダウンロード数世界一になりました。

Tik Tokの最大の特徴は、15秒の「リップシンク(口パク)動画」です。撮影も視聴も15秒。スキルなしで口パク動画を気軽に投稿できるので、日本でも中高生を中心にブレイクしました。利用できるBGMが数万種類が用意されているのも魅力です。

黒歴史製造アプリって本当?

一方、TikTokは「黒歴史製造アプリ」と呼ばれているのも事実です。なぜでしょう?

TikTokユーザーの多くは、顔出しの動画を投稿しています。前述したとおり、1億人もユーザーがいるということは、名前も知らない世界中の人が投稿できるかわりに視聴もできるということです。

YouTubeの顔出しは危険、という認識はありますよね。YouTubeでは気を付ける方も、TikTokだと「15秒だから大丈夫」という気持ちになるからでしょうか、みんな平気で顔出ししていますよね。

著作権制限の注意は表示されますが、メールで共有など複数の方法でダウンロードできてしまいます。試しにTikTokを保存する方法、でググってみると、いくつものサイトがヒットします。YouTube上には、TikTokのまとめ動画が数え切れないほど流れています。その中に、あなたの顔、ありませんか?

つまり、知らないところであなたの姿が拡散され、あるいは加工される危険がいっぱいです。また、服装や背景から個人情報が漏れるおそれもあります。出会い目的の大人の男性が利用しているのも事実だそうです。だから、「黒歴史製造アプリ」なんて呼ばれるんですね。

スポンサーリンク

TikTokで気を付けたいこと

見て楽しむだけなら、もちろん問題ありません。筆者も見てみましたが、面白いですよね。同様に、YouTube上のTikTokまとめ動画もかなりの再生数を集めています。

もし、友だちどうしで楽しみたいなら、非公開アカウントで投稿することをオススメします。非公開アカウントなら、あなたが承認した人しか見ることができません。投稿前に、必ず設定を確認してください。

非公開にするには、ホーム画面右下の人のアイコンから設定に入り、プライバシー設定から非公開アカウントにするだけです。また、他のユーザーがあなたの動画を保存できないようにする設定もできるそうです。

まとめ

TikTok、確かに面白い!でも、「知らなかった」ために嫌な思いをしたくありません。設定を確認して、お友だちと分け合うのが一番良いと筆者は思います。

ネット上のVサインの指紋から個人情報を抜き取られる時代です。危険性も理解して楽しんでくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

[トップ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする