大沢たかおの筋肉増量の理由は?王騎の再現度が凄い現在・2019!

Pocket

スポンサーリンク

出典:whoistheone.net

大沢たかおさんの姿をしばらく見かけませんでしたが、2019年現在太ったのはなぜでしょう。2年間休養して、英語が以前以上に上手になったそうですが、まさか語学留学してた?大沢たかお2019年現在、太った理由や英語が上手になった経緯、休養期間について調べました。

スポンサーリンク

大沢たかお 2019現在の画像や映像

雑誌「Fine」5月号の表紙ですね。

大沢さん、ワイルドになった感じがしませんか?

検索すると、「大沢たかお 太った」の文字も…。

太った、というのとは違いそうですが、印象が変わった感じがしますね。

大沢たかおがいなかった2年間はいったい?

大沢さんの露出がしばらくありませんでしたね。

ネットでは「干された」などのウワサがありました。

でも、そんなことはありません。

大沢さんは意図的に休養をとっていたようです。

2015年、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」出演依頼、大沢さんの姿が見られませんでした。

大沢さんの20年以上の俳優生活で、初めての空白期間だったそうです。

何となくやる、つまり、十分でないパフォーマンスができないのは嫌だったという大沢さん。

大沢さんは、アメリカ・カリフォルニア州を訪れました。

昔みたいに学生をやりたいと考えた大沢さん。

短期ですが、大学に通い。中国語やコミュニケーション論などの講義を受けたそうです。

学生たちの学びに対する貪欲さに受けたようです。

毎日リュックとビーサンで大学に通い、学食で食事をする、ごく普通の暮らしがしたかった大沢さん。

なんだか分かるような気がします。

もともと旅が好きで、英語が上手だったので、休暇にはブロードウェイへ飛び、ロングラン中のミュージカル「王様と私」(渡辺謙さん主演)を見に行きました。


スポンサーリンク


大沢たかおの英語能力が向上したわけは?

舞台を見に行った際、渡辺さんから直接演出家を紹介されました。

翌日会いに行ってみると、ピアニストやプロデューサーが待っていました。

いきなり、「ちょっと歌ってみて。」

2年後に、ロンドンの舞台に出ることになります。

2018年の夏、ロンドン、ミュージカルの聖地・ウエストエンドで3ヶ月間、「王様と私」に出演しました。

渡辺さん演じるシャム国王の右腕、クララホム首相役です。

公演期間後半には、週に1度渡辺さんに代わってシャム国王も演じました。

初めてのことばかりの海外の劇場で、全部英語。

実力主義の舞台でだめ出しの連続。

悩む暇も落ち込む暇もなかったそうです。

意見のやりとりも身の回りのことも、すべて自分でしなくてはなりません。

何もかもが経験しないと分からなかったこと。

大沢さんにはものすごく勉強になったそうです。

ストイックな役者魂を感じますね。

大沢たかおが太った理由はキングダム?

一番下の2015年のCMと比べて、すごい肉体改造です。

理由はご覧になっておわかりのように、映画「キングダム」に出演するためです。

オファーを受けてすぐに原作を全巻読み切り、3日後に返事したそうです。

撮影まで1年。

大沢さんは体をつくる約束をしました。

おおさわさんが演じる「王騎」は、存在感も人気も半端ではないキャラです。

漫画では強烈な風貌としゃべり方で、知性もあり、体格も良い。

大沢さんは王騎の絵をコピーして自宅のあちこちに貼り、イメージをつくりました。

こちらが原作の王騎です。

出典:kims-001.com

大沢たかおが太った増量法が凄い!

大沢さんは、もともと75㎏の体重を90㎏ぐらいに増やしました。

半年で、トレーニングをしながら。

そして、話題になっているのは超肉食生活!

朝から300~400gの肉を食べ、昼食もできる限り肉。

家にいられる日は3食ステーキだったということです。

実は野菜が苦手で、「野菜を食べると顔が青くなる」と信じている、という話も。

あまり体には良くない気がしますが、これが大沢さんの体作りの基本になっていたようです。

大沢さんは、引き受けた役は懸命にやるのがポリシーです。

7割の力で何となくやるくらいなら、役者をやめたほうがいい。

わずかでも不安や自信のなさがあるのなら、役を引き受けるべきではないと大沢さんは考えているそうです。

Yahoo!ニュース特集で大沢さんは、次のように述べています。

いい作品を懸命につくり続けて、見てくれる人たちが少しでも何か糧としてくれるなら。

それが自分の存在価値ですし、俳優はそこのみだと思います。

まさにプロフェッショナルですね。

スポンサーリンク

大沢たかおはキングダムで王騎をどう演じた?

原作のファンの関心を集めたのは、主人公の信(山崎賢人さん)、若き王・政(吉沢亮さん)だけではありませんでした。

絶大な人気を誇るキャラクター、王騎。

大沢さんのキャスティングに、ファンからは不安の声もありました。

作者の原泰久さんも、大沢さんが素晴らしい役者とはいえ、もっと細身なイメージを持っていたそうです。

演技力は申し分ないけれど、見た目の説得力が心配だったと話しています。

ところが、実際に中国の撮影現場で会うと、大沢さんが15㎏増量し、プロレスラーみたいな体を作っていたのに驚きました。

ほかの役者さんたちも、も大沢さんが来ると緊張が走るほど。

役を作り上げ、王騎としての説得力が抜群だったそうです。

大沢さん自身も、製作報告会見で「不安もあった」と話しています。

けれども、他のキャストからはそれぞれに、大沢さんのの王騎に、「鳥肌が立った」「王騎そのもの」と絶賛の声が上がったそうです。

王騎は秦の六将軍最後の一人。

原作では、独特な笑い方や口調で読者に大きなインパクトを与えていました。

また、主人公信の成長のカギを握る人物でもあります。

個性とカリスマ性にあふれ、深く愛されているキャラです。

大沢さんの王騎について「いま思い出しても鳥肌が立つ」と語ったのが吉沢亮さんです。

もっとも印象に残っているのは大沢さんと対峙するシーンで、体の大きさが尋常じゃないと感じたそうです。

対峙してお芝居をした時に、立っているだけの説得力が半端じゃない。

圧倒的なものがあった。

その緊張感が、お芝居をやるうえですごくいいものだった。

吉沢さんは、と大沢さんの王騎から多くのことを学んびました。

騰(とう)役の要潤さんも、大沢さんの役づくりに驚いています。

「すごく大きく見えた。王騎そのもの」と称賛しています。

公開された本編映像やポスター画像で見られる、特徴的な髭と堂々としたオーラをまとった王騎将軍。

大沢さんは「王騎の見た目は、ほとんど人間じゃない」と苦笑いしたそうです。

大沢さん自身もどう演じるのか不安だったといいます。

周囲に支えられて王騎役を演じきれたと話しています。

特に信役の山崎さんは、現場では別人のように変わり、山崎賢人という存在が消えるそうです。

そんな山﨑さんも大沢さんにとって刺激だったようです。

中国ロケに参加して、壮大で、日本では経験したことのない馬の数や人の多さに圧倒されるほどだったそうです。

それらを凌駕する王騎の存在感。

脚本づくりにも参加した原作者・原さんは、脚本を読んで、王騎の登場シーンに不満があったそうです。

最初の脚本では、2時間ある作品の中で、ドラマに王騎がそんなに関わらなかったんです。

原さんは、そこが気になっていて、王騎を主要なストーリーに寄せるか、出さないかにしようと提案しました。

さすがに王騎を切るのは、ということで、主人公の信に可能な限りに関わらせようということになったそうです。

こうして映画オリジナルの冒頭シーンが追加になったわけです。。

原作者・原さんが仮編集の段階で「5回泣いた」と最大の賛辞を寄せている「キングダム」。

どれだけ凄い作品に仕上がっているのでしょうか。


大沢たかおの現在2019まとめ

  • 大沢たかおには2年間の休養期間があった。
  • 大沢たかおはアメリカで学生をしていた。
  • 大沢たかおは渡辺謙の「王様と私」に出演していた。
  • 大沢たかおは「キングダム」役作りのために肉体改造をし、太ったように見える。
  • 大沢たかおは、全ての役に真剣に取り組んでおる。

なるほど…。

大沢さんの本気度がわかるエピソードばかりです。

「キングダム」におわらず、今後もいろいろなキャラを見せてくれそうですね。

大沢さんに関する記事をほかにも書いています。

よかったらご覧ください。

大沢たかおがキングダム王騎将軍役に気合い!ファンは期待?不満?

大沢たかおの息子が似てる、父親が違うって?ファンブログmeetに叱られる!

大沢たかおの2019現在!岩田恵里菜と結婚するかブログに書いてる?

大沢たかおが広瀬香美の結婚会見が不思議!なぜ離婚したの?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする