悠仁さまは成績不振?中学での学力など2019現在心配される理由!

Pocket

スポンサーリンク

出典:ameblo.jp

悠仁さまがお茶の水女子大中学にご入学なさいました。入学式での宣誓は特別扱いだといいますが、友だちが離れてしまわないでしょうか。事件の後、不登校との噂も伺いますが、無理もないことです。悠仁さまの中学入学式や友だち、不登校の噂、現在についてまとめました。

スポンサーリンク

悠仁さまが中学入学式で宣誓!

秋篠宮家の長男、悠仁親王殿下が、2019年4月8日、お茶の水女子大学附属中学校にご入学なさいました。

おめでとうございます。

悠仁さまは、114名の新入生を代表し、4分間にわたり「宣誓」をなさったそうです。

「(新入生)それぞれが持っている力を大事に伸ばし、可能性や視野を伸ばしていきたい。」という内容でした。

内容は申し分なく、ご立派なお姿だったそうです。

けれども、この「宣誓」が物議をかもしています。

お茶の水女子大学附属中学校の入学式で、これまでに宣誓が行われたことはなく、特例だったからです。

お茶の水女子大学のOGや、中学高校の卒業生から、不満の声があるそうです。

学校は、「学業や人格的成長を総合的に判断して選んだ」とコメントしています。

OGやOBも、悠仁さまが特別な方であることは十分理解しています。

しかし、名門校の歴史を変えてしまうのでは、「特別待遇」と感じられても仕方がないという意見が多く聞かれます。

学生の3分の2が女子、というお茶の水女子大学附属中学校。

そもそも、女子の方が成熟が早いので、高校入学ぐらいまでは女子の能力が高いのが普通です。

悠仁さまは内部進学ですが、学力からいうと、中学受験をクリアして中学から合流する外部生のほうが学力が高いケースが多いと言われます。

さらに入学式では、十数年控えられていた校長式辞も復活したそうです。

入学式から校長式辞が除かれるのにはそれだけの理由があったと思います。

それが簡単に覆ったため、OGやOBが残念に思ったのでしょう。

本来、秋篠宮さまご夫妻は、皇室の潮流に逆らい、視野を広げるために悠仁さまを学習院初等部に入学させなかったと言われます。

秋篠宮さまご夫妻は、特別扱いに見えるこの入学式をどう受け止められたのでしょうか。

悠仁さま入学式で秋篠宮さまに批判が?

その秋篠宮さまご夫妻に対しても、疑問の声があるそうです。

「特別扱い」とも見える悠仁さまの宣誓のお姿を、お二人でうれしそうにご覧になったそうです。

秋篠宮さまは、お若い頃から自由なお考えをお持ちになり、今上陛下とは違った教育方針をお持ちでした。

皇族の入学に慣れ、多くの皇族が学ばれた学習院では、特別待遇は全くないそうです。

愛子内親王殿下も特別扱いされず、同級生も敬語を使わずファーストネームで呼び合うなど、きわめて自然に接していました。

それでも、愛子さまはお立場から学校生活にお疲れになる場面がありました。

特別扱いを受けてしまうと、同級生や先輩も、どう接して良いか分からなくなってしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

悠仁さまが成績不振のウワサがある理由は?

お茶の水女子大学付属中学校の偏差値は、69だそうです。

もちろん悠仁さまは内部進学ですが、ちゃんと試験があります。

やはり悠仁さまは優秀な方です。

学業ばかりではなく、悠仁さまは工作などもお好きだそうです。

悠仁さまが作成したと品は、いつも注目を浴びていて、美術の才能も素晴らしいようです。

皇族の方々はもちろん、学校の成績は個人情報ですから、公開されるはずがありません。

では、なぜ悠仁さまが成績不振などという不届きなウワサがあるのでしょうか。

1つは、学習院に通われなかったことです。

お茶の水女子大の附属小・中学校は優秀ですから、秋篠宮ご夫妻のご教育方針でによるもので、悠仁さまの成績がどうか、とうお話ではありません。

お茶の水大学は女子大学なので、悠仁さまは大学までストレートに進学なさることができません。

そこで、なぜか出て来る「東大説」。

秋篠宮ご夫妻は、悠仁さまを東大に入学させたいと思っていらっしゃるのではないか、というウワサがあります。

そこから、悠仁さまは優秀でいらっしゃるけれど、東大はなかなか難しくないだろうか、という憶測が生まれたようなんです。

悠仁さまは、まだ中学生でいらっしゃいますから、性急にお噂するのは良くないと思います。

が、そういうウワサに尾ひれがついて、成績不振などと申し上げる面々も存在するのかと思われます。

もう1つは、悠仁さま対愛子さま、のような対戦構造をあおる人たちがいることです。

愛子さまも、ご自身のご意思にかかわらず、東大とかオックスフォード大とか、いろいろウワサされておいでです。

流れで、悠仁さまも東大、という見方があるのかと思われます。

お二方の対立構造をあおるマスコミなどにも問題があると思われます。

将来の天皇陛下に必要なのは、偏差値ではなく人間性ではないでしょうか。

悠仁さまが健やかにご成長なされば、正直大学はどちらでも良いのではないか。

大学は、どこで学ぶかではなく、どう学ぶかが大切ですもの。

悠仁さま学力不振説は、こうして作られたのではないかと考えます。

当然根も葉もないガセです。

悠仁さまにはお友だちがいないの?

お茶の水の多くのOGやOBが心配したように、悠仁さまには親しいお友だちがいないとウワサされています。

放課後も、特にお友だちと遊ぶこともなく、御所に戻られます。

遊び相手は宮内庁の職員が務めていると報道されていました。

皇族のご子息、ご息女には普通教育係がお仕えしますが、悠仁さまには教育係がいないそうです。

秋篠宮さまご夫妻のご意向ということですが…。

秋篠宮さまは、いわゆる帝王教育を受けていらっしゃいません。

天皇陛下と秋篠さまとでは、雰囲気がだいぶ違い、それはお二人がお子様の頃からだと聞いたことがあります。

陛下の乳母をお勤めしていた女性は、

「まとわれるオーラが違うのです。

やはり天皇になられる方はそれ相応にご指導なさる方がいらっしゃるからでしょうね。」

秋篠宮さま皇嗣を辞退するという発言をなさるなど、今のままでは天皇になられるはずの悠仁さま。

秋篠の宮さまご夫妻に、悠仁さまにして差し上げてほしいことがたくさんあるように、つい感じてしまいます。

スポンサーリンク

悠仁さまは現在どうしていらっしゃるの?

そんな悠仁さまの御身にあの事件が。

悠仁さまのお体にお怪我こそなかったものの、お心を慮ると本当にショックでいらしたと思われます。

私たち国民も大きなショックを受けました。

ネット上には、警備の不備を批判する記事や意見が多く見られます。

前にも述べたとおり、学習院は皇族の方々をお預かりするのに慣れています。

教員や職員も適切な接し方を存じ上げると同時に、お守りする方法もよく分かっていると思います。

お茶の水女子大学附属中学校がこうした事態を想定していなかったのも、致し方ないことだとは思います。

特別な入学式を用意してまでお迎えした悠仁さま。

御身に危害が及ばなかったのは、幸運としか思えません。

悠仁さまは不登校?

ただ、何らかの事件が起こると、子供達は本能的に避けようとします。

保護者の方々の心中も複雑だと思われます。

悠仁さまから、いっそうお友だちが離れていってしまうことが懸念されます。

一番元気で楽しいはずの中高生時代が、哀しい思い出になって欲しくありません。

実は、事件が起こる以前から、悠仁さまが学校に通っていらっしゃらなかった、という報道がありました。

朝日新聞の島靖彦記者のツイートです。

悠仁さまはご公務をなさるはずがありません。

お一人で地方をご訪問?

秋篠宮さまご夫妻がご心配なさらずにすむような方法が、なにかあるのでしょうか。

事件に巻き込まれることなくご無事だったのは幸いですが、別の意味で心配になります。

中学生ともなられれば、ご自分のおかれたお立場もおわかりだと思います。

姉君方のさまざまなお噂に、とても敏感になっていらっしゃるという報道もありました。

秋篠宮さまご自身が、とてもお疲れだという報道もあります。

いずれにしても、現在の日本において、今上陛下のつぎに注目されるご家族です。

お体もお心も健やかにご成長になられるよう、ご家庭も安らかであって欲しいとお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

2019年8月 悠仁さま外遊で心配なこと

2019年、中学1年生の悠仁さまは、8月中旬、初めて海外を訪問なさいます。

秋篠宮ご夫妻と一緒に、皇室と縁の深いブータンにご旅行。

自然や文化に触れられるのが目的です。

いろいろな分野に、幅広いご興味をお持ちの悠仁さま。

よいことだと存じ上げますが、このご旅行を憂慮する声もあるそうです。

皇位継承順位1位の秋篠宮さまと、2位の悠仁さまがご一緒に海外へ行かれるというのは、前代未聞のケースです。

不測の事態も想定し、秋篠宮さまは単独で、悠仁さまと紀子妃はご一緒に、それぞれ別便に搭乗して数時間差で出国されるというのは、もう皆さんもご存じかと思います。

今回も、秋篠宮さま北欧ご訪問同様、民間機でおでかけです。

警備も厳重にならざるを得ません。

前回あったような、遅れなどのトラブルももちろん心配ですが…。

目的地のブータンでは、別の懸念もあるそうです。

到着地のパロ空港は、周囲を山々に囲まれていて、離着陸が非常に難しいことで有名な空港なのだそうです。

滑走路も2千メートル以下と短く、着陸時は車輪がつくと同時にブレーキをかけねばならない、難しい空港です。

幸い、これまで空港での事故は一件もありません。

ただ、離陸直後から、山をよけながら左右に旋回するため、激しく揺れるそうです。

慣れない方には相当に怖い空港だそうです。

悠仁さまは初めての海外で、いきなり特別な体験をなさるかもしれません。

悠仁さまの羽織はかまが可愛い!でもダメなの?

無事にブータンにお着きになった秋篠宮さまご夫妻と悠仁さま。

2019年8月19日には、首都ティンプーの政府機関や僧院が入る城塞「タシチョゾン」を訪問、ワンチュク国王夫妻と面会なさいました。

午前11時(日本時間午後2時)過ぎ、タシチョゾンにご到着。

スーツ姿の秋篠宮さま、和装の秋篠宮妃紀子さまに続き、悠仁さまは羽織はかま姿。


伝統舞楽を披露しながら進む行列に先導されて、レッドカーペットの上をゆっくりとお歩きになりました。

その後、国王夫妻と昼食をご一緒されたそうです。

午後には、ティンプーの国立弓技場をご訪問なさいました。

ブータンの国技である伝統的な弓技「ダ」をご見学。

悠仁さまは秋篠宮さまとご一緒に弓技を体験なさいました。


羽織はかま姿では、少々緊張気味でいらした悠仁さまも、無邪気な笑顔を見せられいらっしゃいました。

ただ、この羽織はかま姿が、問題だという見方もあるようです。

なるほど…。

伝統に関するとらえ方はさまざまなのですね。

それくらい、皇位というのは尊いものだということでしょうか。

悠仁さま中学入学と2019現在のまとめ

  • 悠仁親王殿下はお茶の水女子大学附属中学校に進学された。
  • 悠仁さまは入学式で宣誓をなさった。
  • 悠仁さまの入学式が特別扱いではないかという批判の声がある。
  • 悠仁さまはお友だちが少なく、学校に通われていないといううわさがある。

悠仁さまは地方でご静養だったのでしょうか。

思春期の心揺れる時期。

愛子さまもお立場上おつらい時期がありましたから、決しておかしなことではありません。

悠仁さまの健やかなご静聴を周囲の方々にお支えいただきたいと思います。

皇室関係の記事を書いております。

愛子さまの現在2019の真実!太ったのと偏差値72なのは本当?嘘?

愛子さまの偏差値72は本当か?嘘の根拠が見つからない現在2019!

佳子さまの英語力・英語スピーチ下手?佳子さまの乱と自由すぎ批判!

小室圭さん卒業して今後も帰国できない!破談したら慰謝料はいくら?

眞子さまの現在と今後!小室圭さんと結婚か破談か秋篠宮家どうなる?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする