佳子さまの英語力・英語スピーチ下手?佳子さまの乱と自由すぎ批判!

Pocket

スポンサーリンク

出典:rondan.net

佳子内親王さまの英語力が話題です。本当は英語がお下手?佳子さまの乱に加え、さまざまな場面でご自由すぎるという批判もあります。
佳子さまの英語力や英語スピーチのご様子、佳子さまの乱が炎上した理由、これまでの佳子様をめぐる自由すぎエピソードについて調べてみました。

スポンサーリンク

佳子さまの英語力はどのぐらい優れていらっしゃるの?

佳子内親王さまは、1994年12月29日のお生まれです。

秋篠宮さまと紀子さまの第2女子でいらっしゃいます。

お名前は、お父君が「健康で素直、思いやりがあり、心身ともによい子(佳い子)に育って欲しい」という願いを込めてお付けになったそうです。

2014年に学習院大学文学部教育学科を中退なさり、2015年国際基督教大学(ICU)教養学部アーツ・サイエンス学科にご入学されました。

2017年9月からよく年6月まで、イギリスのリーズ大学に留学されました。

2019年に国際基督教大学をご卒業、成年皇族としてお役目を果たしていらっしゃいます。

佳子さまのご経歴の中で、国際基督教大学時代のいくつかの話題が、佳子さまは英語力が少し物足りなく感じていらっしゃる、という噂の原因になっているようです。

国際基督教大学では、入学時に英語のテストが有り、4つのレベルに分けられて英語を勉強するそうです。

その英語のクラスで、佳子さまは3番目に属していらっしゃいました。

3番目、ということで、とやかく言う人もいて「英語力が低い」などというウワサになってしまったらしいんですが…。

とんでもありません!

3番目のクラスの英語力は、英語検定準1級レベルですよ!

英語検定は、2級が高校卒業程度、準1級は大学中級程度と英語検定協会のHPにあります。

大学入学時に大学中級程度ですから、決して英語力が低いわけではありません。

しかも、国際基督教大学です。

上の2クラスは、日本人がとても少ないそうです。

さらに、一般的な日本の大学の中でも、国際基督教大学の英語のレベルはかなり高い方です。

国際基督教大学にAO入試で合格なさってからも、佳子さまは勉強を続けていらっしゃいました。

努力家でいらっしゃいます。

また、学習院関係者や、国際基督教大学で同じ科目を履修していた学生さんからのリークがあったそうです。

これは英語の試験ではありませんが、国際基督教大学ではキリスト教関係の講義が必修になっていて、その「キリスト教概論」の試験の時。

「私にとってキリスト教徒とは」というテーマで、A4用紙1枚の小論文をまとめるテストがあったそうです。

大学の試験は、開始後30分経つと、途中退出しても良い事が多く、ICUもそうです。

その試験で、佳子さまは最後まで退出せずに残っていらしたそうですが…。

それで、成績がよろしくないというウワサが立つって、どうかと思います。

試験を受ける場合、さっさと終わらせるタイプの人と、最後までじっくり見直すタイプの人がいるのが普通です。

佳子さまはじっくり取り組まれるタイプの方だというだけのお話です。

陛下の姪であり、悠仁さまの姉君であるというだけで、ずいぶんとハードルが上がっている気がしませんか?

佳子さまの英語のスピーチが下手って言う人がいるけれど?

佳子さまは、つくば市で行われた「国際情報五輪」で、世界の高校生を激励する英語のスピーチをなさいました。

こちらがその動画です。

筆者は中学生までは(笑)英語が好きで、高松宮杯英語弁論大会の予選に出場したことがありました。

原稿を全て暗記し、完璧だったハズなのに…。

ぼろぼろでした。

勉強不足だったのもありますが、初めての英語スピーチって、上がっちゃいます。

震えを止めるのに必死な黒歴史でした。

佳子さまは、初めての英語スピーチが成年皇族としてのお勤めでいらっしゃいました。

また、佳子さまは日本人です。

ネイティブの発音に比べてどうの、という批判を見かけますが、どうなのでしょうか。

皇族としてのお仕事は多岐にわたりますので、英語でお話になる場面が多くなることが考えられます。

しかし、そこで問題になるのは発音の善し悪しではないですよね。

もちろん、筆者には佳子さまのご発音を評価する能力はありません。

たとえばALTの先生とお話しした経験を思い出してください。

発音の上手下手より、表情や気持ちをこめることで、通じましたよね。

まだまだお若い佳子さま、これから経験を積まれることで、もちろん英語もお上手になられるでしょうし、お気持ちも成長なさり、スピーチはどんどん上達されると思います。

スポンサーリンク

佳子さまの乱、って何?

2019年3月、佳子さまが国際基督教大学をご卒業なさったときのことです。

姉君の眞子さまのご結婚について、佳子さまがご発言なさいました。

姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが、私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。

ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になって欲しいと思っています。

このご発言が、幾つもの週刊誌で取り上げられ、ネットで炎上する事態になってしまいました。

佳子さまのご発言が、「公」よりも「私」を優先するもので、皇族としてよろしくない、という論調がマスコミを席巻しました。

さらに、このご発言は秋篠宮さまご夫妻にとって「大誤算」の「姉妹共闘宣言」ともとられてしまいました。

2019年4月4日号の「週刊文春」には、「奔放プリンセス佳子さまの乱 全内幕」として次のような一節も掲載されました。

佳子さまとご両親との仲は以前から必ずしもしっくりいっていなかった。

佳子さまが秋篠宮さまのことを、「イヤな父親」とお友達に漏らすこともありました。

最近でこそなくなったようですが、佳子さまが小さいころには秋篠宮さまが時に手をあげることもあった。

でも悠仁さまには決して手をあげないため、佳子さまが「なぜ私ばかりが」と反抗したこともあるそうです。(皇室ジャーナリスト)

さらに、佳子さまは、ご姉妹が「一個人」ではなく皇族という特別なお立場にあることを、全く理解していない、とも記載され、ご成婚の一時金も税金から捻出されることもあげています。

その矛先は秋篠宮さまご一家に対する批判に及び、「週刊新潮」によると、秋篠宮さまが体調を崩されているというのです。

加えて、悠仁親王のご進学や、お茶の水女子大附属中学校で起きた事件なども関係し、秋篠宮さまのご教育方針にまで市民が関心を寄せる事態になっています。

お若い佳子さまがお勉強不足、と批判するのは簡単ですが、そもそも皇室に関する認識は、私たち国民の中でも十分ではなくなっています。

今上陛下や皇后さま、ご退位なさった上皇陛下ご夫妻に心健やかにお過ごしいただきたいのは、誰もの望みですよね。

こうしたいろいろな問題を収束するお手伝いをする義務がマスコミにはあるのではないでしょうか。

佳子さまのこれまでのエピソードは?

佳子さまに関しては、お父君との不仲説以外にも、いろいろご批判申し上げる記事や投稿があります。

佳子さまと彼氏のキス画像流出?の真相

この話題を最初に目にしたときは驚きましたが、写真を見て安心しました。

女性は全くの別人です。

ファーストネームが同じ議員さんのスクープだったらしいんです。

ひどい話です。

御曹司と恋愛のウワサも!

とある大会社の御曹司と交際なさっているというウワサもありました。

これも全くのデマだったらしく、お相手と報道された方も、お父様も、全く心当たりがない、というお話でした。

佳子さまのファッションが奇抜?

佳子さまが国際基督教大学に入学なさった頃、ICUの新入生八ヶ岳研修会に参加されたときのお写真が話題になりました。

タンクトップにジーンズの、普通の女子なら問題のない服装です。

ご公務ならともかく、プライベートですから、女子らしく今風の服をお召しになりたかったのでしょうね。

紀子さまからご注意を受けていらしたそうなので、ここでも秋篠宮家崩壊説があがったりしました。

このあたりも、学習院大学であれば公にならなかったと思われます。

皇室慣れしておらず、しかも日本の皇族の制度についてよく知らない学生も多い国際大学だけに、前に述べた試験のエピソードも同様、気軽に投稿する方がいるのでしょう。

慣わしにとらわれない、という秋篠宮さまご夫妻のご決断には、予想された以上のリスクがあった、ということでしょうか。

佳子さまのお立場は難しい?

佳子さまのお立場は、考えてみるととても複雑です。

お育ちの途中までは、弟君が皇太子になられる可能性をお考えになることもなかったでしょう。

もちろん可能性としてはあったわけですが、雅子さまへのご負担を心配することも有り、国民も話題を避けていました。

一般人であれば叔父叔母の今上陛下・皇后陛下や、従姉妹の愛子さまとのご関係も、複雑なものがあると思われます。

秋篠宮さまも、今上陛下を思いやってのご発言でしょうけれど、大嘗祭についてご意見なさるなど、慣例を超えた熱心なご発言をなさっています。

一部メディアやネット上では、税金で大学の入り直しや留学までしている身で、これ以上何を贅沢なことを、のような強い論調で批判する向きも少なくはありません。

その当たりのご事情は、筆者などにはとても想像がつかない難しいものです。

ただ、批判されている方々も、皇室への畏れ多い気持ちがあり、皇室をお慕いする気持ちから発言していると考えられます。

私たち日本を象徴するのは陛下だけではなく、皇室そのものでもあるわけですから。

佳子さまはご成人なさっていらっしゃいますが、やはり今どきのお方、さらに大人になられると、ご自分のご発言の重さを再認識していただけるように思います。

佳子さまの英語力と佳子さまの乱など・まとめ

  • 佳子さまは国際基督教大学や留学で英語力を高めていらっしゃり、日常の英語会話には不自由ない英語力を身につけていらっしゃる。
  • 佳子さまの初の英語でのスピーチは少し緊張していらしたようだ。
  • 「佳子さまの乱」のご発言は、国民に物議を醸す結果になってしまった。
  • 佳子さまにはいろいろな噂があったが、大きな問題ではない。

現代の若者は成熟が遅くなっている、と良く言われます。

皇族の皆様にそういう認識を当てはめては失礼かと思いますが、佳子さまはまだこれからご成長なさる方だと思います。

秋篠宮さまはじめ、ご家族が心身ともにお健やかにお過ごしになれるよう、国民の1人として祈っております。

愛子さまと悠仁さまの記事も書かせていただいております。

愛子さまの現在2019の真実!太ったのと偏差値72なのは本当?嘘?

愛子さまの偏差値72は本当か?嘘の根拠が見つからない現在2019!

紀子さまは英語力で両陛下をお助けに!タバコ画像や怖い正体なんて嘘?

眞子さまの現在と今後!小室圭さんと結婚か破談か秋篠宮家どうなる?

悠仁さま入学式は特例で友だちいない?現在2019は不登校の噂も!

小室圭さん卒業して今後も帰国できない!破談したら慰謝料はいくら?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
0000000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする