いだてん素人子役は2人?ちび四三動画と大河歴代子役まとめ

Pocket

2019年のNHK大河ドラマは『いだてん~東京オリムピック噺~』。脈本は人気の宮藤官九郎です。1964年の東京オリンピック開催に至る明治時代以降の近現代史を描く物語です。大河と言えば、毎年主人公の子ども時代を演じる子役が話題になります。ドラマ前編の主役、金栗四三(中村勘九郎)とその妻春野スヤ(綾瀬はるか)の子ども時代が第2回に登場。なんと主人公子役は2人でした。『いだてん』第2回子役まとめでした。

スポンサーリンク

2019年大河ドラマ『いだてん』とは

2019年 大河ドラマ(第58作)になる『いだてん ~東京オリムピックばなし~』は、2019年1月より全47話を放送予定です。脚本は宮藤官九郎。例年にもまして豪華なキャストでクランクインしています。

日本初参加の1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックまでの52年間を描きます。マラソン選手として日本人初出場した金栗四三と、東京にオリンピック招聘に尽力した田畑政治、2人の奮闘が3部構成、リレー形式で描かれます。今度の大河は、これまでと違って悲劇で終わらないのがいいですね。

ロゴが強烈なのも話題です。なんというか…。面白いです。題字は横尾忠則さんだとか。こちらも楽しみです。

いだてんキャスト

  • 金栗四三:中村勘九郎 前半主人公。            
  • 田畑政治:阿部サダヲ 後半主人公。                
  • 春野スヤ:綾瀬はるか 金栗の幼なじみ。後妻になる。   
  • 三島弥彦:生田斗真 金栗とともにストックホルム五輪に出場。       
  • シマ:杉咲花 三島の家の女中。後、女子スポーツの先駆的存在になる。   
  • 野口源三郎:永山絢斗 金栗の後輩。              
  • 美川秀信:勝地涼 金栗の幼なじみ。                
  • 大森兵蔵:竹野内豊 ストックホルム五輪日本選手団監督。     
  • 金栗実次:中村獅童 金栗の兄。金栗を支える。           
  • 大森安仁子:シャーロット・ケイト・フォックス 大森の妻。     
  • 可児徳:古舘寛治 東京高等師範学校徒歩部長。          
  • 黒坂辛作:ピエール瀧 「陸王」?マラソン足袋者。         
  • 永井道明:杉本哲太 日本学校体操の父。寮の舎監。         
  • 池部幾江:大竹しのぶ 金森の親戚。後に養母となる。        
  • 嘉納治五郎:役所広司 東京高等師範学校長。ストックホルム五輪選手団団長。
  • 古今亭志ん生:ビートたけし                    
  • 美濃部孝蔵:森山未來 志ん生の青年時代。             
  • 五りん:神木隆之介 志ん生の押しかけ弟子。            
  • 小梅:橋本愛 浅草の遊女。                    
  • 清さん:峯田和伸 孝蔵の兄貴分。人力車夫。            
  • 知恵:川栄李奈 五りんの恋人。                  
  • 橘家圓喬:松尾スズキ 明治時代の人気落語家。孝蔵のの師匠。    
  • 本庄:山本美月 女性記者。                    
  • 今松:荒川良々 志ん生の愛弟子。
  • 三島弥太郎:小澤征悦 三島の兄。三島とは対照的な人生を歩む。  
  • 春野先生:坂戸井けん太 スヤの父。医師。             
  • 吉岡信敬:満島真之介 早稲田大学生。「天狗倶楽部」の一員。    
  • 押川春浪:武井壮 「天狗倶楽部」創設者。             
  • 大隈重信:平泉成 早稲田大学創設者。               
  • 金栗信彦:田口トモロヲ 四三の父。               
  • 三島和歌子:白石加代子 三島の母。女傑。            
  • 中沢臨川:近藤公園 「天狗倶楽部」の一員。            
  • 金栗シエ:宮崎美子 金栗の母。                  
  • 美濃部りん:池波志乃 志ん生の妻。実の祖母の役で20年ぶりのドラマ出演。 
  • 内田公使:井上肇 駐スウェーデン公使。              
  • 池部重行:髙橋洋 池部幾江の実の息子。

そうそうたるキャストですね。宮藤官九郎さんの好みも反映しているように思えます。ビートたけしさんが「落語の神様」古今亭志ん生を演じるとともに、物語をナビゲートしていきます。たけしさんはこのドラマのために落語の勉強をしたそうです。

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1060728432298872832

いだてん子役決定!

中村勘九郎さん(37歳)と綾瀬はるかさん(33歳)が、15歳の主人公とその幼なじみを演じるというのも話題になっています。『真田丸』で堺雅人さんが真田幸村(信繁)の少年期を演じたときも話題になりましたね。

熊本弁を話すことはネイティヴ出ないと難しいことから熊本でオーディションが行われ、1500人くらいの応募者の中から男女一人ずつの子役が決まったそうです。

男の子のほう、中村勘九郎さんの子ども時代を演じる子役がわかりました。

久野倫太郎(ひさのりんたろう)くんというそうです。

出典:NHK ロクイチ福岡

素朴な感じの良い子ですね。

なお、神奈川県出身の子役に久野りんたろうくんという子がいるそうですが、別人のようですね。

がんばって台詞を覚えたかな?

女の子は、分かり次第お伝えします。

第1話終了後の次回予告では、いきなり綾瀬はるかさんの姿がありましたね。

ということは、女の子は綾瀬さんの子ども時代じゃないんでしょうか?

もちろん公式の発表もなし。なにかありそうですね。

大河ドラマ歴代子役とその後

大河ドラマでは毎年子役が活躍して話題になります。大河出演後ブレイクし、そのまま俳優として活躍している方も少なくありませんね。

過去10年間の大河ドラマの子役と、その後の活躍をまとめてみましょう。

  • 2009年『天地人』

主人公直江兼続の幼少時代、与六を演じたのは加藤清史郎(当時7歳)。「わしはこんなところに来とうなかった」のセリフと泣きの演技の上手さで話題になり、わずか2回で出演が終わったのを残念がる声しきりでした。直後にフジテレビの月9「ヴォイス~命なき者の声」で瑛太演じる主人公の幼少時代にも起用され、同時期の連続ドラマの主人公を掛け持ちする快挙を成し遂げました。

その後はトヨタ自動車の「こども店長」がブレイク。今17歳の加藤君、『相棒season16』にも出演し、これからの活躍が期待されます。

  • 2010年『龍馬伝』

なんといっても坂本龍馬の幼少期を演じた濱田龍臣君(当時10歳)が印象に残っています。直後に実写版『怪物くん』で市川ヒロシ役を演じたことでも注目されました。

幼稚園当時の夢は「ウルトラマンになること」で、2017年のテレビシリーズ『ウルトラマンジード』ではウルトラマンジードに変身する朝倉リク役として主演し、夢を叶えました。現在18歳。継続して芸能活動を続けており、活躍が楽しみです。

  • 2011年『江~姫たちの戦国~』

『江』の子役といえば、芦田愛菜ちゃんですね。主人公「江」の幼少期を演じたほか、江の娘、千姫の幼少期も演じました。並外れた存在感でしたね。

『マルモのおきて』の「マル・マル・モリ・モリ!」がレコード大賞新人賞に輝くなど華々しく活躍しましたが、一時期勉強のため芸能活動を休止、難関私立中学校に複数合格し、慶應義塾中等部に入学してからは活動を再開し、現在はCMなど顔を見ない日がないくらいです。まだ14歳。まだまだ可能性が広がりそうですね。

  • 2012年『平清盛』

平清盛の子供の時を演じるのたは、「まえだまえだ」の弟のほう、ボケ担当の前田旺志郎君です。「まえだまえだ」の活動のほかに、俳優としても活躍しており、スカパー!40周年記念生ドラマ 『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama 』では、主役の星野鉄郎を演じています。これからどちらの方向へすすむのか、楽しみな現在17歳です。

『平清盛』では、『梁塵秘抄』の中でも有名な今様「遊びをせんとや生まれけむ」がメッセージとなっていました。。テーマ音楽には子役の松浦愛弓(あゆ)ちゃんの歌唱で「遊びをせんとや」のメロディが用いられています。松浦愛弓ちゃんは、『龍馬伝』にも出演しています。最近では声優としても活躍しており、『機動戦士ガンダムNT』にも出演しました。現在17歳です。

スポンサーリンク
  • 2013年『八重の桜』

主人公・八重の幼少期を演じたのは鈴木梨央ちゃん。こちらもわずか2回の登場でしたが、演技の上手さが際立っていました。同年にはNHK東日本大震災復興応援プロジェクトのテーマソング、「親と子の『花は咲く』」を歌いました。

芦田愛菜ちゃんに憧れて芸能界入りしたという梨央ちゃんはまだ13歳。CMなどの出演も多く、同年代の女の子たちにも人気です。2014年には『鈴木梨央のおしゃれアレンジBOOK』が出版されています。

  • 2014年『軍師官兵衛』

官兵衛の幼少期、万吉を演じたのは若山耀人(きらと)君(当時10歳)。官兵衛の嫡男・松寿丸も演じました。宇野昌磨選手に似てるとか、田辺誠一に似てるとか、ちょっとウワサになりました。

最近では、映画『曇天に笑う』で福士蒼汰さんと共演し、そのイケメンぶりが話題に。まだ15歳、これからもっとイケメンに成長していくかもです。活躍が楽しみですね。

  • 2015年『花燃ゆ』

主人公・杉文(すぎ・ふみ)の少女時代を演じたのは山田萌々香ちゃん(当時12歳)が、子役として活躍していた当時の井上真央(杉文役)にそっくりだと評判になりました。 『お天気お姉さん』では武井咲の、『サイレント・プア』では深田恭子の少女時代を演じています。美人になる要素いっぱなのかもです。

このところ目立った活動はなく、『花燃ゆ』当時も「書道の先生になりたい」と話していたので、芸能活動を続けるのか不明です。まだ16歳、いろいろな可能性がありますからね。

  • 2016年『真田丸』

三谷幸喜脚本の『真田丸』では、少年期からの真田信繁(幸村)を堺雅人さんが演じザワザワしましたが、子役というと豊臣秀頼の子ども時代を演じた石田星空(せいら・当時6歳)君が印象的でした。映画や舞台に出演していますが、まだ9歳、これから経験を積んで、どのように成長するのか楽しみな美少年です。

  • 2017年『おんな城主直虎』

 おそらくこれまでの大河ドラマで一番子役が活躍したのは『おんな城主直虎』ではないでしょうか。柴咲コウさん演じる直虎の幼少期、おとわを演じたのは新井美羽ちゃん(当時10歳)。三浦春馬さん演じる井伊直親の幼少期、亀之丞は藤本哉汰(かなた)くん(当時13歳)。高橋一生さん演じる小野政次の子供時代、鶴丸を演じたのは小林颯(かい)くん(当時11歳)。この3人の演技が上手でかわいらしくて、大人になるのを残念がられてしまったくらいです。小林颯くんはNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』チャグム役も演じています。

昨年の大河ドラマですから、まだまだ若い3人がどんなに活躍するか、とても楽しみですね。

さらに、直虎の子、井伊直政の幼少期・虎松はあの寺田心くんが演じました。こちらはもう説明不要なほど、毎日のようにCMなどで見かける人気子役です。一生懸命で舌足らずなしゃべり方がたまらなくかわいいですね。今10歳、どんな青年に成長するのでしょうか。

  • 2018年『西郷どん』

西郷隆盛の幼少期、小吉を演じるのは渡邉蒼(あお)くん(13歳)、糸(後の隆盛の妻)の幼少期を演じるのは渡邉このみちゃん(12歳)です。蒼くんは、太い眉のりりしい顔立ちが印象的で、OP映像で大人の隆盛と相撲を取る、珍しいシチュエーションが話題です。蒼くんはカラオケバトルにも出場したことがあり、とても歌が上手です。歌唱力を活かした役柄もいけそうですね。このみちゃんはすでに芸歴が長く、着々とキャリアを重ねています。どんな女優さんになるんでしょうか。

また、最終章・明治編から登場した西郷隆盛の息子、菊次郎役の城桧吏(かいり)くん(12歳)の美少年ぶりも話題ですね。映画『万引き家族』出演など、将来有望な子役さんです。

いだてん子役 第2回放送で活躍!(追記)

出典:まんたんweb

2019年1月13日放送の『いだてん』第2回に、前述した久野倫太郎くんが出演しました。

何色にも染まっていない子を探して、やっと最後の最後で見つかったのが「素人さん」。

撮影現場では倫太郎くんに台本は渡していなかったそうです。

台詞も少なかったので、うまく誘導しながら撮影できたとか。

なので、倫太郎くんの素の部分が出て、大人の俳優も刺激されたといいます。

そこでそんな顔をするんだ、というようなプロの子役さんにはない魅力があったそうです。

史実の金栗自身もオリンピックについて何も知らなくて、健康になりたくて走っていただけなのに、結果世界に連れていかれることになります。

計算高くない感じの人が主役には最適。

だから「素人さん」にしたのかもしれません。

第2回では、父・金栗信彦(田口トモロヲさん)が、きょうだいの中でも特に病弱だった5歳の四三(倫太郎くん)を丈夫にしようと、嘉納治五郎(役所広司さん)に会いに熊本の街へと向かうシーンが描かれました。

田口さんは倫太郎くんに「お芝居上手だね。」と2回も褒められたそうです(笑)

出典:niftyニュース

四三の少年時代は船元大馳朗さん、スヤの子ども時代は原島凜々さんが演じていました。

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1084417543752871938

船元大馳朗さんも演技は素人です。

月心会(空手道)船元三兄弟の一番下、本部長のお孫さんのようです。

原島凜々さんは、2007年生まれ、テアトルアカデミーの子役さんで、3歳から活躍しています。

女の子の素人さんは配役されなかったようです。

それにしても、中村勘九郎さん、綾瀬はるかさん、森山未來さん、みんな少年少女時代を演じていますが、大河の伝統とは言えすごいですね!

ちび四三動画載せました!

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1086460980962447360

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1084646446392061952

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1083953424083968000

おまけ

いだてん子役まとめ

大河ドラマの子役をきっかけにブレイクする役者さんも多いのですが子役から大人への時期の役って難しいでしょうね。また、こうして振り返ってみると懐かしいです。『イダテン』の子役、決まり次第詳細を調べて追記します。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする