声優・速水奨の代表作やキャラ・年齢は?ついに衝撃のM-1進出!

Pocket

スポンサーリンク

出典:inicogamer.jp

声優の速水奨さんが話題です。代表作や演じたキャラは?代表作がないって本当?年齢は?ラップも歌も上手な速水奨さんですが、このほど漫才に挑戦していることが発覚!注目されています。声優・速水奨さんの代表作やキャラ、年齢、ラップや歌、漫才のウワサをまとめました。

スポンサーリンク

速水奨ってどんなキャラを演じてる?

コーエーさんの元祖乙女ゲーム「アンジェリーク」

筆者の中での速水奨さんは、このゲームの印象が強烈です。

速水奨さんは「光の守護聖」ジュリアスさまを演じていました。

すご~く良い声で、愛を語られちゃったらもう!

けれども、速水奨さんって、キャパが凄いんですよね!

イケメンからお笑いキャラまで、数えきれません。

  • 超時空要塞マクロス:マクシミリアン・ジーナス
  • 聖戦士ダンバイン:バーン・バニングス 黒騎士
  • 重戦機エルガイム:ギャブレット・ギャブレー
  • 赤い光弾ジリオン:バロン・リックス
  • 勇者エクスカイザー:エクスカイザー
  • 伝説の勇者ダ・ガーン:ダ・ガーン
  • 南国少年パプワくん:マジック総帥
  • 無責任艦長タイラー:マコト・ヤマモト大尉
  • ロードス島戦記-英雄騎士伝-:アシュラム
  • 戦国BASARA:明智光秀 天海

キリがないかも。

無責任艦長タイラーの時なんて、「えっ!ジュリアスさまが!?」的な驚きがありました。

速水奨には代表作がない?

ただ、ですね。

こうやって見直してみると…。

大ヒットした役が少ない!

っていうか、マニアックな役柄が多くて、みんなが知ってる作品がないんです。

いろんな役を演じることができるっていうことは、いろんな役をやってるってことですよね。

「ホスト声」なんて言われているのに…。

「代表作」がない!

というのが、速水奨さんの特徴だったりするんです。

おまけですが、これ、ホントに面白かったです。

今は幻かなあ。

スポンサーリンク

速水奨の年齢にびっくり!

速水奨さんって、どんな方なんでしょう。

速水奨さんは、なんと1958年8月生まれ!

還暦超えなんです。

男性の声って劣化しませんね。

声変わりがあるからなんだそうです。

本名は大濱 靖(おおはま やすし)さん。

兵庫県の出身です。

松本零士さん原作のアニメ「千年女王」でデビューしたのが1980年。

なんと、40年も声優をなさっているんですね。

奥様は、やはり声優の五十嵐麗さん。

甥にあたり、現在は養子になっている速水秀之さんも声優です。

青年座や劇団四季で俳優として活動していました。

コンテストで優勝したことがきっかけで、声優としてデビューしました。

2013年には声優&アーティスト事務所 Rush Style(ラッシュスタイル)を立ち上げ、代表に就任しています。

速水奨は歌もラップも凄い!

速水奨さんは、2019年には、第13回声優アワードで、「ヒプノシスマイク」として、歌唱小を受賞しました。

もともと歌が上手だった速水奨さん。

ちょっと前の作品ですが、ドキドキ系の少女漫画の曲が素敵です。

「ヒプノシスマイク」というのは、男性声優12人による、音楽原作キャラクターラッププロジェクトです。

百聞は一見にしかず。

ね、すごいでしょ?

速水奨がM-1に出るってホント?

そんな速水奨さんが、なんとMー1に出るそうなんです!

38歳年下で、ヒプマイでも共演している野津山幸宏さんと、「ラッシュスタイル」というコンビ名でM-1グランプリ2019に出場することが発表され、ファンは騒然!

Twitter速水奨Twitter上はもう、 大騒ぎです。

代表作が思いつかなかった速水奨さんですが、ファンはまだまだ凄くたくさんいるんですね!

あ、筆者も大好きですよ!

スポンサーリンク

速水奨がM-1に出る理由は?

きっかけは、2018年秋に行われた、事務所の新人発表会だそうです。

野津山幸宏さんが「漫才をやりたい」と相方を募りました。

ところが、新人たちが誰も手を挙げなかったとか。

だから、速水奨さんがコンビを組んだわけです。

1日限りのコンビを組んでネタを披露。

すると、予想以上に大ウケ。

野津山幸宏さんは脚本を用意していました。

けれども、なんと速水さんはまったく読んでいませんでした(悲)

終始アドリブ。

あまりにもウケたので、「面白い漫才をもっと極めてみたいね」と話していたがふたりですが、まさか本当になるとは…。

年明けに2人で飲んでいる際、野津山幸宏さんが「どうしてもやりたいです」とラブコール。

速水奨さんも承諾し、正式にコンビが結成されたそうです。

でも、漫才は普段の仕事とギャップがありすぎます。
内心、だいぶ悩んだそうです。

けれども、声の仕事として自分たちの可能性を追求するつもりで、真剣にやってみようと決意した速水奨さん。

ネタ作りはすでに作家を交えて進めているそうです。

でも、題材は普段の声優の活動を想定、ってそこまでばらさなくても良いんじゃないかな。

速水奨さんは、ご自分で人生ずっとボケてきた、と言っています。

野津山幸宏さんもツッコミって感じじゃありませんよね。

もしかして、ダブルボケ?

目標は、少しでも多くのお客さまに楽しんでいただくことだそうです。

ベテランなのに凄く謙虚なのも、速水奨さんのいいところですよね。

でも、速水奨さんと野津山幸宏さんは、冗談で参加しているわけではありません。

観客とのコミュニケーション重視。

最初の2分間に自分たちの思いを込めて表現したい、と真剣に準備している速水奨さんと野津山幸宏さん。

9月1日の東京・新宿シアターモリエールは、これまでと違ったタイプの観客も詰めかけ、たいへんなことになりそうです。

速水奨の代表作やウワサまとめ

  • 速水奨の声は「ホスト声」で色っぽい。
  • 速水奨はキャパが大きすぎて、代表作がみつからない。
  • 速水奨は、あの声なのに還暦越えている。
  • 速水奨は野津山幸宏と組んでM-1に出場する。

もともとしゃべくりが面白い速水奨さん。

親子以上に年の離れた野津山幸宏さんと、どんな掛け合いを見せてくれるのでしょうか。

楽しみです!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする