期間限定ダイエット!1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月で結果の出せる方法は?

Pocket

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9a090b17c6df369624457b0a13970221.jpeg

ダイエット、してる方、しようと思っていらっしゃる方、いらっしゃいますよね。でも、どの方法がいいのか、選ぶのって難しいです!特に、イベントまでに痩せたい、夏までに痩せたい、とか、期間が決まっている時、結果が出る方法は?ダイエット方法あれこれをまとめました。

スポンサーリンク

スタジオ、ジムなら確実だけど…

名前を聞いただけで音楽と映像が浮かんでくる「ライザップ」。ジムも増えて、通える環境ができつつあります。ライザップなら、専属トレーナーが付き、食事を提案、カウンセリングを交えながらメンタル面でも支えてくれるので、間違いなく痩せられるそうです。30日間全額返金保証制度もあり、リバウンドしにくいカラダをつくる完全個室のマンツーマンパーソナルトレーニングジムです。

やはり金額でしょうか。週2回、50分のプログラムで、2ヶ月298,000円。ダイエットには3ヶ月432,000円がオススメだそうです。モデル体型コースもあるそうですが…。食事の管理とかジムへ通う時間など、忙しい方には厳しいような気がします。「リバウンドしにくい」とありますが、絶対リバウンドしないということではありませんから、3ヶ月で終わり、というわけにはいかなそうですね。

体育会系のノリが苦手な方も、少し厳しいかも。スタジオ、ジムの場合最低2ヶ月必要で、金額も時間もかかるということです。

燃焼系ダイエット器具

筋肉に弱い電流を流して、強制的に運動させるタイプのダイエット器具が人気です。例えば、「EMS」、第三期進化版だそうです。20分使うだけでジョギング1500メートル、水泳30分の運動をしたことになるそうです。家事をしながら、TVを見ながらダイエットできるということです。

お値段も6000円程度と比較的お手頃で、口コミもいいようです。使うだけで筋肉痛になるそうですから、効果がありそうです。ただ、こちらも効果が出るには3ヶ月程度の継続しようが必要なのだそうです。

ちなみに、筆者は学生時代、EMSのもっと前のタイプのアイテムを3ヶ月ほど使ったことがあります。そのせいかどうか分かりませんが、痩せるスイッチが入ったみたいで、卒業までに10㎏ほど痩せました。個人差があると思いますので、ご参考までに。

詳しくは画像をクリックしてご覧ください。

他にも、「アブロトニック」「スレンダーシェーバー」「スレンダートーン」など同様の商品や、簡易版のような商品がありますので、チェックしてみてください。ただし、やはり効果は3ヶ月が目安のようです。

ストレッチ系ダイエット器具

代表的なものが、「バランスボール」。もうお持ちの方も多いと思いますが、さまざまなストレッチに応用できる優秀アイテムです。ただ、体幹を鍛える、インナーマッスルを鍛える、という方法なので、結果はすぐには出にくいようです。

レッグマジックやフラフープ、振動マシン、エアロバイクなどさまざまなストレッチ系器具が出ているのですが、これらでダイエットするにはやはり最低3ヶ月はかかります。なにより、続けることができるかどうかが鍵です。体を動かすことが好きな方、部屋にスペースがある方にはオススメですが、時間はかかりそうです。

毎日がダイエット系アイテム

座るだけで骨盤が矯正され、ウエストが引き締まるというグッズもあります。「エアリーシェイプ」がそれです。椅子のようなもので、脚付きと脚なしがあります。こちらは効果が出るのに少し時間がかかりそうですね。33,000円くらいで購入できますが、ともかく大きいんです。丸っこくてカワイイと言えば言えないこともないんですが…。インテリアとしても、少し違和感があるかもしれません。

お風呂用サウナスーツというのもあります。以前、サウナスーツが流行しましたが、最近ではサウナスーツを着てお風呂に入り、汗をかいて痩せよう、というスーツが何種類か出ています。サウナに入ったような効果があり、デトックス効果をうたったものもあるのですが…ビニール袋に入る感じなんです。価格も3,000円強くらいですから、ダメになったら買い換える的なものでしょうか。使うたびに洗っても、なんだか臭いそう…。サウナでダイエット効果を感じられる方にはフィットするアイテムだと思います。

「スリムウォーク」に代表されるような、引き締め系の下着も人気です。毎日着用して日常生活を送るだけで運動効果があるものです。「スリムウォーク」は筆者も時々使いますが、ダイエット効果となると時間がかかるかもしれませんね。筆者は立ち仕事が多いときなど、脚が痛くなりにくいですよね。冬場はインナーとして着用でき、価格もそれほどお高くないので、春までにシェイプアップ、という長めのスパンならお得かもしれません。


詳しくは画像をクリックしてご覧ください。

置き換えダイエット

「マイクロダイエット」「ヒルズダイエット」など1食、あるいは2食置き換えダイエットは定番です。シェイクやスープタイプの他に、スムージーやこんにゃく麺、低糖質パンなど多彩な商品が販売されています。

短期間で結果を出すには、昼食と夕食を置き換え、間食なし、というのが一番ですが、栄養士さんはオススメしていませんね。夕食1食置き換えで間食なし、程度で、やはり3ヶ月くらいかかります。ただ、このタイプのダイエットはフィットする人としない人がいるようです。体内の仕組みが欠食にタフなタイプの方だと、苦労しても結果が出ません。販売されている置き換え食品は、さまざまな栄養が摂れるように工夫されていますが、栄養バランスには気をつけましょう。

筆者はマイクロダイエットにチャレンジしたことがあるのですが、仕事に支障が出て断念しました。パワーが出ないし、筆者の体には合わなかったみたいです。お試し期間がある商品は、実際使ってみてから選ぶといいですね。

ダイエット中のおやつ、飲み物

ダイエット中だって、というよりはダイエット中だからこそ、間食がしたくなります。ダイエット中はおやつにも気を遣いましょう。「豆乳おからクッキー」が何社かから出ているし、「キレイな大豆習慣」などの商品もあります。「ソイジョイ」からも「ソイジョイ カロリーコントロール」が出ていますね。

また、0カロリーのチョコレートや高カカオのチョコレートもダイエットによいと言われます。飲み物はなんといっても緑茶がオススメです。ダイエットコーヒーやダイエット茶も出ていますので、ご予算に応じて活用なさってください。

ただ、0カロリーといっても、「100mlあたり5キロカロリー 未満であること」が定義ですから、正しくは0ではなく、350mlのジュースなら17.5キロカロリー未満であるだけです。糖質ゼロ、ノンシュガーの場合も、多くは脂質やたんぱく質、アルコールに起因するカロリーが含まれています。カロリー表示を見落とさないようにしましょう。

スポンサーリンク

ダイエットサプリメント・酵素

ひところ、DHCの「フォースコリー」が流行しました。しかし、体に合わない方も多く、いつのまにか下火になったようです。

αリボ酸や酵素系の、代謝改善ダイエットが最近の主流のようです。特に今年話題になったのが「お嬢様ダイエット」、女性にうれしい成分を強化しているみたいで、一時期は手に入りにくかったりしました。調べてみると、こんなことが起こっていました。


詳しくは画像をクリックしてご覧ください。

筆者は酵素を試したことがないのですが、お試し価格やセールを狙って試してみるのもいいかもしれません。ただ、やはり代謝を改善していくわけですから、最低でも3ヶ月は必要なのだそうです。

なかったことに系サプリメント

代表的なのは「カロリミット」。「大人のカロリミット」も出ましたね。

筆者も使ったことがあるのですが、勘違いしていてカロリーの高い食事の時だけ飲んでいたので、効き目がよく分かりません。ごめんなさい。サイトや商品のパッケージをよく読んで、正しく使いましょう。

ただ、サプリメント、特にダイエットサプリメントは適切な摂取の仕方を明記していない場合が多いので、疑問に思ったらサポートに問い合わせて効果的な摂取をしましょう。なかったことに系サプリは他にも出ていますが、効果としてはギムネマやサラシアで糖や脂肪の吸収を抑える訳ですから、少しご飯を減らした感じです。3ヶ月で結果が出れば良い方かもしれません。

結論

一生懸命調べたのですが、結局信頼できるブランドで「1ヶ月で結果が出る」というのはありませんでした。もちろん、「たった2週間で5㎏痩せた!」などのサプリの記事も目にしましたが、なんだか怪しくてオススメできませんでした。サプリの場合副作用の心配もありますので、信頼できるものがいいですよね。また、リバウンドの危険も考える必要があります。

ライザップの2ヶ月コース以外には、短期間でダイエットできる方法がみつかりませんでした。ダイエットには最低3ヶ月必要なのですね。ですから、イベントに合わせてダイエットする場合は、開始時期を早めにしましょう。

何よりご注意いただきたいのは、ライザップのように食事や運動を完全にサポートしてくれる方法以外の場合、必ず「適度な運動と適切な食事をすること」が条件になっているということです。暴飲暴食しても大丈夫なダイエット法はありません。なにより暴飲暴食は体に悪いので、生活スタイルをスリム化することから始めたいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする