グレタ・トゥーンベリの評価!現代のジャンヌダルクは環境問題を救う?

Pocket

スポンサーリンク

出典:https://newsphere.jp/

グレタ・トゥーンベリさんが話題です。さまざまな評価があります。一体どんな人?現代のジャンヌダルクは環境問題に一石を投じたのでしょうか。グレタ・トウーンベリさんの人物と、その評価。現代のジャンヌダルクともよばれる、その影響力をまとめました。

スポンサーリンク

グレタ・トゥーンベリって何者?

グレタ・トゥーンベリさんは、スウェーデンの「環境活動家」といっていいと思います。。

2003年1月生まれで、2019年9月の国連気候サミットでスピーチした際、まだ16歳でした。

自分自身を、

「優しいが情報に乏しいティーンエージャー」

「明るく、すばらしい未来を楽しみにしているとても幸せな少女」

などと紹介しています。

オペラ歌手のマレーナ・エルンマンと、俳優スバンテ・トゥーンベリ(スウェーデン語版) の娘です。

彼女の父方の祖父は俳優兼監督のオロフ・トゥーンベリ。

彼女が8歳の2011年に気候変動について初めて聞いたと言っているが、なぜ気候変動への対策がほとんど行われていないのか理解できなかったそうです。

3年後、彼女は落ち込んで無気力になり、会話と食事をやめ、最終的にアスペルガー症候群 、強迫性障害 (OCD) および選択的無言症と診断されました。

診断は「以前は私を制限していた」ことを認めながら、彼女はアスペルガーを病気とは見なさず、代わりに「スーパーパワー」と呼んでいます。

約2年間、グレタ・トゥーンベリさんは菜食主義になり、飛行機搭乗をあきらめ 、家族のカーボンフットプリントを下げることに挑戦しました。

地球温暖化によってもたらされるリスクを訴え続けています。

グレタ・トゥーンベリさんは、2018年8月、15歳の時に、スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ」と言う看板を掲げてスウェーデン議会の外に座り込みました。

学校に行かないことで自分の意見を主張しました。

影響を受け、すぐに他の学生も自分のコミュニティで同様の抗議活動に参加しました。

彼らは、一緒に未来のための金曜日(Friday for Future)の名前で気候変動学校スト(School Climate Strike)運動を組織しました。

グレタ・トゥーンベリさんが2018年の国連気候変動会議で演説した後、学生ストライキは毎週世界のどこかで行われ、20000人以上の学生が270の都市でストライキを行ったといわれます。

グレタ・トゥーンベリさんは、公共の場や政治家、議会に対しての率直で事実に即したスピーチのために知られます。

その中で彼女は、彼女が気候変動危機と呼んでいるものに対応するための即時の行動を急ぐように主張しています。

家庭ではも、両親に飛行機旅行を断念させ、肉を食べないなど、自分の二酸化炭素排出量を削減するためのいくつかのライフスタイルの選択肢を採用するよう説得したそうです。

2019年5月には、Time誌の表紙に取り上げられました。

「次世代のリーダー」と名付けられ、多くの人が彼女をロールモデル(具体的な行動や考え方の模範となる人物)と見なしていると書かれています。

一部のメディアは、彼女の世界舞台への影響を「グレタ・トゥーンベリ効果」と表現しています。

グレタ・トゥーンベリの活動とその反響

グレタ・トゥーンベリさんは、「気候変動のための学校ストライキ」の際、リーフレットを渡しました。

「大人が私の未来を台無しにしようとしているので私はこれをしている。」

この活動が話題になり、共感されるようになると、さまざまなフォーラムに招待され、スピーチするようになりました。

多くの学生に影響を与え、政治家などいわゆる「大人」も、気候変動に重点的に取り組む必要を認める必要に迫られました。

2019年には、気候変動危機に対処するための、子供向けの書籍の出版数が激増したといいます。

これらは、「グレタ・トゥーンベリ効果」と読まれました。

アメリカの慈善家や投資家が、グレタ・トゥーンベリさんやエクスティンクション・リベリオン(イギリスの科学者らの市民活動)に約50ポンドもの寄付をし、ヨーロッパの議会などにも大きな影響を与えました。

なんとスウェーデンでは、旅行のために列車を利用する人が8%も増加したそうです。

国民全体に、CO2排出をもたらす飛行機の利用を控える動きが巻き起こったということです。

グレタ・トゥーンベリさん自身もTwitterやInstagramに積極的に投稿し、環境のために飛行機に乗ることを恥じる運動は、#jagstannarpåmarken(#私は地上に留まる)として拡散しました。

グレタ・トゥーンベリさんの主張は、まさに時代の波に乗って世界中に広がっていったわけです。

スポンサーリンク

グレタ・トゥーンベリは、なぜ国連で演説できたの?

2019年9月23日、ニューヨークで行われた国連の機構行動サミット。

日本のメデイアは、小泉環境大臣の動向に注目していました。

同時に大きな注目を集めたのが、グレタ・トゥーンベリさんの「怒りのスピーチ」でした。

背景をよく知らなかった日本人からは、多くの反共がありました。

特に、今回のスピーチはたいへんきつい口調であったため、グレタ・トゥーンベリさんを知らなかった大人達が面食らった形でした。

国連のサミットでグレタ・トゥーンベリさんが演説をすることが出来たのは、これまでの活動の成果です。

日本では、意識高い系の方々にしか知られていなかったグレタ・トゥーンベリさんですが、先述したように、欧米では若い方達から政治家までに大きな影響を与えていました。

  • 2018年5月にスヴェンスカ・ダーグブラーデットが開催された若者対象の気候に関するディベート記事執筆コンテストで優勝。
  • 電力会社テルテ・エネルギの持続可能な開発を推進する子供や若者を対象にした賞である「Children’s Climate Prize」にノミネート。
  • 同年11月、Fryshuset scholarship of the Young Role Model of the Yearを受賞。
  • 12月、タイムの2018年世界で影響力のある未成年25人の1人に選出。
  • 2019年、国際女性デーを記念して、スウェーデンで最も重要な女性(英語版)に選ばれる。
  • 3名のノルウェー人弁護士が2019年のノーベル平和賞に推薦。
  • 2019年3月31日、ドイツのゴールデン・カメラ・アワード(ドイツ語版)のSpecial Climate Protection賞を受賞。
  • 2019年9月25日にライト・ライブリフッド賞受賞。

これらの経歴を持つグレタ・トゥーンベリさんの存在感と影響力には、国連も注目せざるを得ません。

グレタ・トゥーンベリ 国連演説全文

全てが間違っています。

本来なら私は海の向こう側で、学校にいるべきなのです。

それなのにまだ、あなたたちは私たちの元に来ている。

若者に希望を見出そうと。

よく、そんなことができますね。

あなたたちは実体のないことばで、私の夢を、私の子ども時代を奪ったのです。

それでも、私は幸運な者の1人です。人々は苦しんでいます。

人々は死んでいます。

生態系全体が崩壊しています。

私たちは、まさに大量絶滅の始まりにさしかかっているのです。

そしてあなたたちが語り合うのは、お金や、途絶えることのない経済成長のおとぎ話だけ。

よく、そんなことができますね。

30年以上前から、科学がもたらす答えはとても明確でした。

よく、見ないふりをし続けて、ここで「十分やっている」と言えますね。

必要とされる政策や解決策の目処すら立っていないのに。

あなたたちは言います。

私たちの声は聞こえている、緊急性を理解していると。

しかし、どんなに私が悲しくても、怒っていても、それを信じたくはないのです。

もしあなたたちが本当に事態を把握していながら行動に移さないのであれば、それは邪悪でしかありません。

だから、私は信じません。

今後10年で(温室効果ガスの)放出を半分に減らす案がありますが、それでも気温が1.5度下がる可能性は50%しかありません。

人間の手中にはおさまらないような、決して後戻りのできない連鎖反応が起きるリスクがあります。

きっとあなたたちにとって、50%という数字は受け入れられるものなのかもしれません。

しかしこの数字には含まれていないことがあります。

「ティッピング・ポイント」(氷床や熱帯雨林の現象など、地球の気候を構成する要素に急激な変化が生じる転換点)や、「フィードバック効果」の連鎖(温暖化によって生じる現象が新たな温暖化を引き起こすこと)、有害大気汚染に隠されたさらなる温暖化、「気候正義」や「気候の公平性」の問題(少数の国・人々がエネルギーを大量消費して温暖化を進める一方で、多くの貧しい国・人々がその被害を被っており、その不公平さを正すべきだという考え)についてなどです。

加えてこの数字は、私たちや私たちの子どもの世代が、何千億トンもの二酸化炭素を空気中から吸収してくれるだろうという予測に頼っています。

その技術は存在すらしていません。

こうなると、50%という数字は、私たちにとっては受け入れ難いものになります。

その結果と生きていくのは、私たちなのですから。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が出した最高値を見ても、地球全体の気温上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は67%です。

とすると、2018年1月1日に遡っても、世界が放出できる二酸化炭素量はあと420ギガトンです。

今日ではその値があと350ギガトンまで減っています。

それなのによく、この問題が解決できるかのようなふりができますね。変わりばえのないやり方で、技術に頼って。

今の放出レベルでは、8年半以内に二酸化炭素の許容放出量を超えてしまいます。

この値に沿った解決策や計画は、未だ提示されていません。

なぜなら、この値はあなたたちにとって不都合すぎるからです。

あなたたちが未熟なゆえ、現状をありのままには伝えられないのです。

あなたたちは、私たちを失望させています。

しかし、若者たちはその裏切りに気づきつつあります。

未来の世代の目は、全てあなたたちに向けられているのです。

それでもなお私たちを裏切る選択をするのであれば、言わせてください。

「私たちは決してあなたたちを許しません」。

今、ここで、線を引きます。

世界は目を覚まし始めています。変化も訪れ始めています。

たとえあなたたちが気に入ろうと、なかろうと。

出典:https://www.buzzfeed.com

日本語訳の仕方にもよるのでしょうが、かなり厳しい口調ですね。

「大人」のひとりとして、筆者にもかなり刺さったスピーチです。

ただ、誤解のないようにお願いします。

グレタ・トゥーンベリさんは、いつもこんな口調で話しているわけではありません。

この機会をどう活かすか、その思案の結果、こうした手法を選んだのでしょうね。

スポンサーリンク

グレタ・トゥーンベリ 肯定派の意見まとめ

こちらが、一番分かりやすかったと思います。

こちらから購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレタたったひとりのストライキ [ マレーナ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/25時点)

楽天で購入

グレタ・トゥーンベリ 否定派の意見まとめ

予想は出来たことですが、さまざまな批判もわき上がっています。

&

;

しかし、こういう意見もあります。

スポンサーリンク

グレタ・トゥーンベリはノーベル賞候補?いじめの対象?

グレタ・トゥーンベリさんは、自分が有名になり、気候変動のための学校ストライキ運動を率いていることで、妹がいじめられていることを明らかにしています。

スウェーデンの全国紙「ダーゲンス・ニュヘテル」のインタビューによれば、13歳の妹や、他の家族は脅迫を受けていたといいます。

警察に通報もしているようです。

グレタ・トゥーンベリさん自身も、妹は嫌がらせのせいで「いつも落ち込んでいる」と言い、支持者に向けて、妹を支えてほしい、それが自分に対する最大の支援になると訴えています。

「辛い思いをしているのは、私の妹。

彼女は13歳で、組織的ないじめ、脅迫、嫌がらせを受けている。」

「私に脅迫と憎悪の言葉を送りつけてくる人々は、家族や妹にまで同じことをする。

私はいつも旅に出ていていないけれど、家族は家にいる」

グレタ・トゥーンベリさんはまた、自分は人々から支援を提供されることが多いが、妹は「まったく支援を受けていない」と話しました。

どんな支援がありうるかと尋ねられて、彼女はこう答えたそうです。

「現時点で私を助ける最善の方法は妹を支えてくれること。

私の妹だからではなく、彼女自身が素晴らしい、強い人間だから」

グレタ・トゥーンベリさん自身は、これまで、街で通りすがりの人から否定的なことを言われたことはなかったといいます。

気候変動ストライキ運動の最初の数日間は、自分に向かって怒声をあげた人が何人かいたそうです。

グレタ・トゥーンベリさんにインタビューし、長い時を共に過ごした「ダーゲンス・ニュヘテル」の記者・アレクサンドラ・ウルシマン・オットーさんは、グレタ・トゥーンベリさんと妹の両方がいじめの標的になっていることが、とても腹立たしいと発言しています。

オットーさんは語ります。

「私たちはアメリカのさまざまな場所をトゥーンベリと一緒に歩いた。

4つの州を旅して、田舎にも都市にも行った。

どこに行っても人々は近づいてきて『こんにちは、私はあなたについていきます、あなたを支援します』と言ってくれた。」

しかし、オットーさんは、オンラインでグレタ・トゥーンベリさんに寄せられるコメントの一部は、まったく違うそうです。

10月初旬、グレタ・トゥーンベリさんがアイオワシティを訪問した際。

アイオワ州の教師が、フェースブックに「狙撃用ライフルを持っていないから」自分はトゥーンベリの集会には参加しない、というコメントを投稿。

その後、辞職したそうです。

先月、評論家マイケル・ノウルズさんは、ゲストとして出演したFOXニュースの番組でグレタ・トゥーンベリさんを「精神的に病んだスウェーデン人の子供」と呼びました。

結果、テレビ局が謝罪した。

「ダーゲンス・ニュヘテル」のインタビューで、グレタ・トゥーンベリさんは政治についても語っています。

2016年の大統領選挙で、ヒラリー・クリントン氏がドナルド・トランプ氏に敗れたことが、地球温暖化対策を求める運動の盛り上がりにつながったと彼女は考えているようです。

トランプが大統領に選ばれたことは、気候変動の問題に関する「ゆっくりとした覚醒」に貢献した多くの「転換点」の1つだったと、グレタ・トゥーンベリは話しています。

「ヒラリー・クリントンがあの選挙に勝って大統領になっていたら、気候変動対策を求める運動は間違いなく、今日ほど強くなっていなかっただろう。」

こうした一連のグレタ・トゥーンベリさんの言動に対し、ノーベル平和賞に値するのでは?という強い流れがあります。

一方で、グレタ・トゥーンベリさんの言動を否定する人たちも、いて当然です。

ただ、それが先述のようなあら探しや、いじめにつながるとすれば、それは、まさに言論の自由の侵害でもあります。

マララ・ユスフザイさんの場合と、グレタ・トゥーンベリさんの場合は、背景が全く違います。

ただ、ひとりの少女が声をあげなければならない事態が起きていることで、私たちは自らの意思や行動を確認しなくてはならない。

この点については、同じなのかもしれません。

グレタ・トゥーンベリの実像と評価 まとめ

  • グレタ・トゥーンベリさんはたったひとりの座り込みから環境問題を訴え始めた。
  • グレタ・トゥーンベリさんの環境問題に関するスピーチには、賛同する人も多い。
  • グレタ・トゥーンベリさんのスピーチに対する反響が大きい分、批判も多い。
  • グレタ・トゥーンベリさんの主張に賛否があるのは当然だが、中傷やいじめは許されない。

グレタ・トゥーンベリさんの名前を聞いたとき、あるモンスターを思い出した方も少なくないと思います。

トンベリ。

スクウェア・エニックスのRPG・ファイナルファンタジーシリーズに登場するモンスターです。

可愛い見た目に反して、戦闘能力はかなり高く、「みんなのうらみ」という技が一番怖いです。

すぐには攻撃せず、プレイヤー側に向かってじりじりとにじり寄ってくるのもじわりとこわいです。

2019年夏現在、まだ16歳のグレタ・トゥーンベリさん。

ある意味、将来が怖いくらい。

何をしてくれるのか、注目です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする