2020年1月新番組は医療ドラマが熱い!天海祐希や小泉孝太郎主演!

Pocket

スポンサーリンク

出典:https://mdpr.jp/

2020年1月新番組は医療ドラマが熱いんです!天海祐希や小泉孝太郎、榎本祐、松下奈緒、木村佳乃、伊藤英明が主演!でもなぜ医療がこんなに?
2020年1月新ドラマに医療ドラマが多いのはなぜ?主要キャストやあらずじなどをまとめました。

スポンサーリンク

フジ『アライブ』松下奈緒と木村佳乃がバディに!

出典:https://natalie.mu/

フジテレビは2020年1月9日から『アライブ がん専門医のカルテ』を放送します。

松下奈緒さんが木村佳乃さんが共演です。

ドラマの舞台は、がんに特化した診療科である腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)。

現代の医療現場に求められている、がんのスペシャリスト達の戦いと苦悩を描きます。

がんに立ち向かう2人の女医が、自らの痛みや秘密を抱えながらも生き抜く、メディカルヒューマンストーリーになっています。

『アライブ がん専門医のカルテ』は、日本のドラマでは初めて本格的に腫瘍内科にスポットをあてました。

医療現場の新たな一面を描きます。

国内では数少ないがんのスペシャリスト、腫瘍内科医・恩田心を松下奈緒さんが演じます。

恩田心は負けず嫌いで大胆な面がある反面、患者に対して寄り添うことが出来る医師です。

3か月前に夫が転倒事故に合い、意識が戻らないという現実を受け止め切れていないある時、勤務先の病院に移籍してきた有能な消化器外科医と出会います。

木村佳乃さん演じる消化器外科医・梶山薫は、がんを切る女医としてサイレントキラーと呼ばれる膵臓がんの手術などに長けています。

仕事には沈着冷静で、正しい判断が出来る反面、大胆な性格も持ち合わせています。

梶山薫は、恩田心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴。

外科治療の立場から恩田心を支えるバディとなっていきます。

松下奈緒さんと木村佳乃さんのバディ、最強ですね!

日テレ『トップナイフ』天海祐希の挑戦!

日本テレビは2020年1月11日から『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』を放送。

天海祐希さんが主演を務めるドラマです。

『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』の脚本は林宏司さん、演出は大塚恭司さん。

一流ヒットメーカーがタッグを組みます。

外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科が舞台。

0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦いながら、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たち。

彼・彼女らがそれぞれに抱える秘密なども含めて展開して行きます。

脳という神の領域に踏み込むために、何を手放してメスを握るのか。

神の技術と人間の苦悩を描くリアルドクターストーリーです。

天海祐希さんが演じる深山瑤子は、東都総合病院脳神経外科に勤務する脳動脈瘤のスペシャリスト。

自分の実力で患者の命を第一に考える重要性と責任を自覚しながらも、家族を捨てたという罪悪感を抱えています。

天海祐希さんは役作りのために髪を20cmばっさりとカットし、ベリーショートヘアになったビジュアルでドラマに登場します。

実力派ドクターというと、どうしても米倉涼子さんの『ドクターX』と比べられてしまいそうです。

しかし、『ドクターX』のようなコメディ性はなく、リアルなドラマになりそう。

天海祐希さんのキリッとした男前(?)ぶりにぴったりな役柄ですね。


スポンサーリンク


TBS『病室で念仏を唱えないでください』伊藤英明が生と死を問う!

TBSは、2020年1月クールの金曜ドラマ枠で『病室で念仏を唱えないでください』を放送。

ビッグコミック増刊号で連載中の『病室で念仏を唱えないでください』を原作としたドラマです。

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

主人公・松本照円を演じるのは、12年ぶりにTBSドラマ主演を果たす伊藤英明さんです。

松本照円は、幼少期に目の前で溺れている幼馴染を救えなかったことから仏門に入ります。

更に、大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志しました。

病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任しています。

松本照円は、何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまいます。

しかし、本人は医師としても僧侶としても、明るく真面目に取り組んでいるのです。

ドラマ内では、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり「救急医VS専門医」の激しい対決が描かれています。

医師として命をどう救うのか、僧として死をどう看取るのか悩みを抱えながらも、人として成長していく姿を通して、生きるとは死ぬとは何なのかを改めて考えるきっかけとなるドラマです。

生と死の両極端を演じる伊藤英明さんに期待です。


スポンサーリンク


NHK『心の傷を癒やすということ』榎本祐が実話をドラマで!

出典:https://music-is-the-best.com/

NHKは、2020年1月8日から、阪神・淡路大震災発生時、被災者の心のケアのパイオニアとして奮闘し続けた精神科医のヒューマンドラマ『心の傷を癒やすということ』を放送します。

ドラマの主人公は、精神科医・安克昌(あんかつまさ)氏で、実在の人物です。

安克昌氏は、1960年大阪市生まれの在日韓国人。

神戸大学附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務めていました。

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネート。

避難所などで被災者の心のケアに奔走し、カウンセリングや診療活動を行いました。

被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々などを震災1年後に臨床報告としてまとめた『心の傷を癒すということ~神戸・365日~』は、第18回サントリー学芸賞を受賞しています。

PTSDの若き研究者として治療活動に尽力するも、2000年12月、志半ばでこの世を去ってしまいました。

険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描きます。

主人公精神科医・安和隆を柄本佑さんが演じ、彼の家族、妻・安終子役に尾野真千子さん。

和隆の父・安哲圭役は石橋凌さん、和隆の母・朴美里役はキムラ緑子さん。

和隆の兄・安智明役に森山直太朗さん、和隆の弟・安壮介に上川周作さんが決定しています。

その他にも、濱田岳さんや谷村美月さんなど、豪華キャストが顔を揃えています。

作・桑原亮子さん、音楽・世武裕子さんが担当。

阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、実話をヒューマンドラマでお届けします。

テレ東『病院の治し方』小泉孝太郎がぶっ壊す!

テレビ東京は2020年1月20日からドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』を放送します。

小泉孝太郎さんが初主演を務めます。

小泉孝太郎さんのお父さん、小泉紳一郎さんは、首相就任時に「自民党をぶっ壊す!」と発言し、話題になりました。

こんどは、小泉孝太郎さんが改革に乗り出します。.

『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』は、世界選手権・平昌冬季オリンピックで金メダルを獲得したスピードスケート選手・小平奈緒さんが所属する相澤病院が、多額の借金を抱えてしまい倒産危機に。

そこから奇跡の復活を遂げていくという実話が元になっています。

カテーテル治療の研究に心血を注ぐ大学病院勤務の有原修平の元に、前院長で父である正太郎が脳梗塞で倒れたという連絡が、実家の有原総合病院から入るというところから、物語がスタート。

小泉孝太郎さんが演じる有原修平は「暴走特急」と呼ばれる熱いキャラクター。

東京の大学病院での輝かしいキャリアを捨て、実家の病院再建のため奮闘して行きます。

また、ドラマの企画と脚本に感銘を受けた久保田利伸さんが、ドラマ用に書き上げたオリジナル楽曲である「LIFE」が主題化に決定。

「LIFE」はドラマの中でしか聞けないそうです。

病院再建に向け奮闘する有原修平と、彼を支え一緒に戦う人間模様、を描くドラマに華を添える主題歌となっています。


スポンサーリンク


各局の意気込みがハンパない!

フジテレビ

木曜劇場は月9と並ぶフジテレビの看板枠。

2000年以降、『Dr.コトー診療所』シリーズや『白い巨塔』、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』『グッド・ドクター』など、フジテレビを代表する医療ドラマを次々と輩出しています。

木曜劇場の歴史は医療ドラマとともにあると言っても過言ではありません。

そんな歴史ある木曜劇場。

『アライブ がん専門医のカルテ』は、類をみない設定とストーリー。

名だたる医療ドラマに一歩も引けをとらないと断言。

日本のドラマ界を新たに代表する「メディカル・ヒューマン・ストーリー」となるようです。

日テレ

『トップナイフ』は、10年前から実際の脳外科のドクターたちと話をし、構想をねっていたものだそうです。

それが、理想的な豪華キャストでドラマ化。

主演の天海さんは、構想段階から勝手に許可なくイメージされていたとか。

酸いも甘いも噛み分けた「孤高の脳外科医」。

天海祐希さんでなければ演じられない役柄ですね。

人間の脳は、心であり、人間そのもの。

まだまだブラックボックスでわからないことだらけ。

「本当にこんなことあるのか!?」というミステリアスな症例がたくさんあるんだそうです。

患者たちに翻弄されつつ、0.1ミリのミスが取り返しのつかない事態を招く過酷な世界で、厳しい修行で腕を磨く天才脳外科医たち。

でも、医者も人間、私生活はボロボロだったりする。

「医者としては最高、でも白衣を脱いだら…」な、いいトシして人間臭いオトナの群像劇、と脚本家は語ります。

医療ドラマと群像劇、両方が楽しめるそうです。

TBS

主人公の松本と同じ救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力しあう女医・三宅涼子(みやけ・りょうこ)。

演じるのは、中谷美紀さんです。

ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍し、同じ金曜ドラマの『あなたには帰る家がある』(2018年4月クール)での主演も記憶に新しい中谷美紀さん。

医者として有能な上に、美人。

けれども、少し抜けたおちゃめな部分もある役です。

シリアスとコメディの2つの顔を表現する中谷美紀さんなど、共演も豪華です。


スポンサーリンク

NHK

ドラマ『心の傷を癒やすということ』は、安 克昌氏の書籍のドラマ化ではありません。
遺族や関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として大胆に再構成。
人物や団体名改称したフィクションです。
ジャズピアノはプロ級の腕前、レコードと読書をこよなく愛する、在日韓国人、はにかみ屋の若手精神科医・安 和隆(柄本佑)。
自分の居場所を探し続ける青年時代を送ってきました。
明るい妻・終子(尾野真千子)と出会い、同じ在日としての悩みを共にできたことでようやく心穏やかに過ごせるようになります。
第一子が誕生した直後、阪神・淡路大震災が起きます。
精神科医としてできることは何か……模索の日々が始まります。
和隆は被災者に寄り添い、話を聞き続ける中で、精神科医にできることは被災者を治療することではなく、治癒力を回復させるサポートだと気づきます。
精神科医として見た被災地の様子を一冊の本にまとめ、学芸賞を受賞。
明るい兆しが見えはじめた、39歳のある日、がんを発症し…。

テレ東

「刑事モノ」と「病院モノ」だらけの日本のドラマ。
あえてドラマBizで「医療モノ」に挑戦。
しかし、『病院の治し方』は「医療モノ」であって、ただの「医療モノ」ではないといいます。
着想のもとになった相澤病院の経営改革は、当時こそ異端とされましたが、いまや優良病院のモデルケースとされているそうです。
  • まずは一番難しいところから着手しよう。
  • 賛成が2割あれば勝算あり。
  • 病院の常識は世間の非常識

など、相澤先生の発想は、すべての仕事に通じます。

既成概念をぶち壊す熱き男を小泉孝太郎さんにが演じるわけです。

意外性を含め、新しい挑戦です。

高嶋政伸さんや中村雅俊さんなど、他のキャストの皆さんもドラマBiz初登場の方々が多く、ベテランながらフレッシュなキャスティングです。

事実の凄みをきちんとお届けする為にも、フィクションとしてより面白く楽しめる作品にしたいと制作者は語ります。

2020 1月期新ドラマは医療ドラマが凄い!まとめ

  • フジ『アライブ』は、あまり知られていない腫瘍内科にスポットをあてる。
  • 日テレ『トップナイフ』では、天海祐希が脳外科医に挑む。
  • TBS『病室で念仏を唱えないでください』は、生と死を真っ向から、コミカルに捉える。
  • NHK『心の傷を癒やすということ』は、阪神淡路大震災の事実をもとにしている。
  • 日テレ『病院の治し方』では、小泉孝太郎が熱血医師を演じる。

どのドラマも面白そうですね。

TVから離れられない冬になりそうです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする