鍵山優真の父は病気?母や兄弟もフィギュアしてる?身長や高校は?

Pocket

スポンサーリンク

出典:https://ka-na-gon.com/

2020年2月9日、四大陸大会で3位に輝いたフィギュアの鍵山優真選手。コーチの父はレジェンドで病気なの?母や家族はどんな人?高校はどこ?2020年ユースオリンピックで優勝、今回はシニアで3位と大活躍の鍵山優真選手の父親の病気や母親、高校などまとめました。

スポンサーリンク

鍵山優真 4大陸選手権で銅メダル!

2020年2月9日に開催されたフィギュアスケート四大陸大会男子フリー。

ショートプログラム(SP)5位発進で、シニアの国際大会デビューとなった冬季ユース五輪覇者の鍵山優真選手。

フリーを179・00点、合計270・61点で、なんと3位と大健闘しました。

演技後、うなずいて遠慮気味のgッツポーズを作った鍵山優真選手。

最終結果には「えっ、マジ?」と驚いた表情だったそうです。

コメントは、

メダルを獲得できるなんて思ってもいなくて、正直ビックリ。

ここまで努力してきて一つのご褒美だと思う。

本当にびっくりした

新鮮な感想ですね。

「かわいい」と言われる鍵山優真選手。

あどけなささえ感じる鍵山優真選手の偉業が、日本男子フィギュアの新しい話題になっています。

鍵山優真の演技 称賛の嵐!

赤のサスペンダーをつけた鍵山優真選手。

冒頭の4回転―2回転の連続トウループを決め、続く3回転ループ、4回転トウループも見事に着氷。

最後の3回転アクセルは着氷が乱れたましが、初の主要国際大会の大舞台とは思えない堂々たとした演技でした。

演技直後、アメリカの名物記者と言われるジャッキー・ウォン氏は、のツイッターで絶賛しました。

カギヤマにとって、なんて素晴らしく驚異的なシニアのデビュー戦となったんだ。

彼は本物だ。私は驚嘆せずにはいられない。

(中略)

彼のポテンシャルは本当に無限大だ。

グランドスラムの偉業を成し遂げた羽生弓弦選手も、称賛しています。

緊張せず、軽快なジャズのメロディーに乗って伸び伸びと演技した鍵山優真選手。

羽生弓弦選手も、「ジュニアのエレメンツで練習してシニアの舞台で戦えるということはすごく強いと思いますし、かっこいい」と称賛しています。

演技後には、羽生弓弦先週から「おめでとう」と祝福され、鍵山優真選手は「うれしかった」と感想を述べています。


出典:https://article.auone.jp/ 

スポンサーリンク

鍵山優真 父はレジェンド!

鍵山優真選手の父親は、鍵山正和さんです。

1971年生まれで、1992年アルベールビルオリンピックと、1994年リレハンメルオリンピックの男子シングルに出場しています。

1994年の世界選手権では、6位に入賞を果たしています。

なんといっても、日本人として初めて4回転ジャンプを成功させた、レジェンドなんです。

引退後はプロスケーターとして活躍しています。

のち、インストラクターとなり、鍵山優真選手のコーチも務めていました。

出典:https://trendy15.info/

鍵山優真の父は病気なの?

鍵山優真選手のコーチをしてきた父親が、一時期姿を見せなかったことがありました。

2018年の全日本フィギュアスケート選手権の頃です。

報道はされていませんが、2019年に解説者が「去年は体調不良で会場に来ていなかった」と述べています。

そして、最近の父親は杖を使っているらしいんです。

出典:https://tsuki-review.com/

この写真に写り込んでいます。

そのため、父親の病気は脳梗塞だったのでは?と言われています。

スポンサーリンク

鍵山優真 これまでの歩み 身長は?2020年ユースオリンピック冬季競技大会で金メダルを獲得した鍵山優真選手。

2003年5月5日、長野県北佐久郡の軽井沢町で生まれました。

スケートを始めたのは5歳の時です。

もちろん父の影響があったのでしょうね。

スケートで氷上を滑るのが純粋に楽しかった鍵山優真選手。

地元の軽井沢には、軽井沢風越公園アイスアリーナがあり、環境にも恵まれていました。

軽井沢中部小学校に通いながら、ほぼ毎日、通年型の屋内アイスリンクで練習にはげみました。

主に指導を施してくれたのは、父親でした。

並行してジャズタンスも習っていました。

小さなころから踊るのが大好きだったそうです。

しかし、すぐに結果が出ず、主に小学生を対象とする全日本フィギュアスケートノービス選手権では、一度も表彰台に立つことができませんでした。

でも、鍵山優真選手はめげませんでした。

小学校高学年になると、自分より強い相手がいることを前向きに捉え、競技としてのフィギュアスケートにさらに意欲的に励むようになったそうです。

横浜市立六角橋中学校に進学。

しかし、思うように結果がついてきませんでした。

2016年11月の全日本ジュニア選手権では総合11位。

翌年11月の同大会は総合12位でした。

しかし、2018年2月、地元長野で行われた第38回全国中学校スケート大会でショートプログラム、フリースケーティングともに3位、総合2位の成績を収めました。

翌2019年の同大会でも総合2位に輝きました。

2018年には、初の国際大会となったアジアフィギュア杯でついに優勝。

同じ年には初参戦のジュニアグランプリシリーズや全日本フィギュアスケート選手権、全日本ジュニア選手権などで経験を重ねます。

2019年11月に行われた全日本ジュニア選手権では、同じく急成長を遂げている佐藤駿とのライバル対決で勝利。

優勝しました。

2019年12月の全日本選手権の3位。

そして、2020年のローザンヌユースオリンピックの金メダルに至ります。

現在の身長は158㎝。

まだまだ伸びる年齢です。

鍵山優真の母や家族は?

現在は横浜市に住んでいて、横浜銀行アイスアリーナで練習しています。

家族は、両親と姉、弟の5人兄弟だそうです。

父親が男子フィギュアのレジェンドですから、母親もアスリート?

姉や弟もスケートをしてる?

と思って調べてみましたが、情報は上がっていないようです。

分かり次第追記します。

スポンサーリンク

鍵山優真の高校はどこ?スヌーピー大好き!

鍵山選手が通っている高校は>星槎国際高等学校横浜という学校です。

通信制のコースに在籍しているそうです。

フィギュアスケート選手としての活躍を軸に考えた結果、通信制を選択したのでしょうね。

2019年4月に入学、現在高校一年生です。

鍵山優真選手はスヌーピーが大好きです。

インスタでも宣言しています。

羽生弓弦選手のプーさんのように、いずれはリンクをスヌーピーが埋め尽くすことになるかもです。

四大陸大会3位!鍵山優真ってどんな選手? まとめ

  • 鍵山優真が2020年フィギュアスケート四大陸選手権でシニア初参戦、3位に輝いた。
  • 鍵山優真の父親は日本人初四回転ジャンプに成功したレジェンド。
  • 鍵山優真の活躍には、世界が注目している。
  • 鍵山優真はまだ高校1年生。スヌーピーが大好き。

鍵山優真選手、ちょっとファニーフェイスでカワイイです。

でも、リンクに出ると、まったく違う雰囲気になるところが凄いですね。

メチャクチャ将来が楽しみな選手。注目していきたいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする