眞子さま小室圭さん結婚延期で決着?発表は5月!2月とは言ってない!

Pocket

スポンサーリンク

出典:https://mainichi.jp/

眞子さまと小室圭さんは結婚延期で決着すると言われているのはなぜ?皇室離脱や破談はありえない?秋篠宮さまの延期のご発言から2年を過ぎ、国民みんなが心配しています。眞子さまと小室圭さんの結婚問題は、このまま結婚延期?皇室離脱?破断?予想まとめです。

スポンサーリンク

眞子さまの現在 小室圭さんへのお気持ちは変わらない?

眞子さまは1991年10月23日のお生まれです。

2020年10月には三十路を迎えられます。

いまどき30歳をこえての結婚は珍しくありませんが、2017年9月のご婚約内定会見からすでに2年以上経過しました。

ご婚約内定会見そのものも、九州北部豪雨のため一旦延期、さらに、もう一度延期と、なにやら不安のあるスタートでした。

その後、2018年2月6日に、

結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識

という理由で2年間のご結婚関係の儀式の延期が発表されました。

読者の皆さまもご存じのとおり、そこには小室圭さんの母親の借金問題が絡んできます。

皇室のお金が借金返済に使われること、あるいは婚約者との借金問題で揉めた人の息子が内親王さまと結婚することへの抵抗。

国民も複雑な思いで見守ってまいりました。

こうした状況下で、遠距離恋愛である眞子さまと小室圭さんの関係はどうなっているのでしょうか。

解決しなければならない問題が多すぎて、普通だったら気持ちが冷めてしまいそうです。

まして、皇太子となられるはずの悠仁さまのお姉さまとしては、諦めも大切では?との意見も多数。

それでも眞子さまのお気持ちは全く変わらないそうです。

もちろん、眞子さまがご自分の立場をわきまえていらっしゃらないはずがありません。

しかし、国民の中には、引き返せないご関係なのではないか、などの邪推すら生まれてくる状況。

一説によると、眞子さまは小室圭さんと毎日連絡を取り合っておいでになり、それを宮内庁が把握しているとか。

皇族の方々は「国民」ではありませんので、そのくらいの監視はされているかもしれませんね。

お子さまがたを自由にお育てになった秋篠宮ご夫妻。

当然と言えば当然ですが、眞子さまのご意思を曲げる訳にはいきません。

あまりにも純粋な眞子さまの想い。

諸般の事情がなければ、国民もお祝い申し上げたい気持ちでいっぱいなのです。

皇室の方々にとっても、国民にとっても、なんとも歯がゆい事態が続いています。

秋篠宮さまの「何らかの発表」に眞子さま反発?無期延期?

2019年11月の秋篠宮さまのお誕生日会見。

秋篠宮さまは、結婚延期2年の期限を前に「何らかのことは発表する必要がある」とご発言なさいました。

実は、このご発言が秋篠宮さまと眞子さまの距離をよけい大きくしてしまったそうなんです。

眞子さまと秋篠宮ご夫妻とのすれ違いは2020年になってからますます顕著になり、人前でもお言葉を交わされないとか。

眞子さまのほうから背を向けてしまわれると言います。

2020年、令和2年の2月は、なにかとデリケートな時期です。

2月23日は、今上陛下の60歳のお誕生日。

さらに3月には秋篠宮さまご自身の立皇嗣の礼が迫っています。

秋篠宮さまご夫妻としても、身動きの撮れない状況でいらっしゃると思われます。

そうなると、さらなる結婚関連行事の「無期延期」ということになるのではないか、という見方が多いようです。

秋篠宮さまのご発表はなく、このまま状況が変わらないかもしれません。

国民としては、とても複雑な思いです。

スポンサーリンク

小室圭さん母の借金問題 肩代わりの申し出も!

小室圭さんの母親の借金問題に関しては、いっこうに解決のめどが立っていないと言います。

その一方で、母親の生活が派手になっているとのウワサもあります。

こうしたウワサがあったら、一般の国民であっても腰が引けてしまいますよね。

それでも、小室家に金銭的援助をしてもいいという申し出をしてくださった方がいらっしゃるそうです。

ただ、宮内庁職員の要請で断られたそうです。

眞子さまと秋篠宮家の窮状をお助けしようということなのでしょうけれど、それでは根本的な解決にはなりません。

漫画家の小林よしのりさんも、「たった400万円くらいくれてやるぜ。」

デヴィ夫人も、元婚約者に対し、「430万円をあなたの頭にたたきつけてあげたい」とブログに書いています。

一般国民には400万円くらい、とは言えない金額ではありますが、正社員で働く方なら借金出来る金額ですよね。

それが皇室のお金で解決されることには、国民は納得しないということですよね。

紀子さまは眞子さまを諦めてしまわれた?皇籍離脱?

お子さまがたを自由に育てられた紀子さま。

最初は小室圭さんをとても気に入ってらっしゃいました。

まさか、こんな事態になるとは思っていらっしゃらなかったでしょうしね。

最近、紀子さまは、眞子さまよりも佳子さまに期待していらっしゃるとの報道がありました。

後にも述べますが、女性宮家の問題もあり、佳子さまには女性宮家として皇族に残っていただき、悠仁さまをお助けしていただきたいとお考えらしいということです。

2020年になってから、佳子さまがご公務を3回こなしていらっしゃるのに対して、眞子さまは1回だけ。

なんといっても、紀子さまは皇位継承権第1位の秋篠宮さまの奥さまでいらっしゃるし、皇太子となられる悠仁さまのお母さまでいらっしゃいます。

眞子さまも愛するお子さまでいらっしゃることは間違いありませんが、お立場上、眞子さまをかばわれる訳にはまいりません。

そこは、国民もよく理解しております。

となると、考えられるのは、破談か皇室離脱ですよね。

眞子さまの純愛からすると、破談はあり得ないでしょうね。

宮内庁は眞子さまのお相手もすでに選んでいると言われていますが、眞子さまとしても今更他の方に嫁ぐわけにはいかないと思います。

一説には、小室圭さんが眞子さまと結婚しないとなると、一般の国民には知り得ない皇室のあれこれを暴露してしまう危険があるとさえ言われています。

そんな矢先に起きた、ヘンリー王子とメーガン妃の英国王室からの離脱。

その可能性はあるのでしょうか。

誰もが納得するのは、眞子さまが臣籍降下なさって、一般人として小室圭さんと結婚し、アメリカで生活するという選択だと言われます。

もちろん、多額の準備金は返上した上で。

小室圭さんが司法の現場で活躍することになれば、400万円の返済なんて簡単ではないか、とも言われます。

眞子さまが女性宮家をお立てになれば、小室圭さんが皇族に。

そのシナリオだけは、国民の祝意を受けられないと思われます。

紀子さまのシフトチェンジは、眞子さまの皇室離脱を視野に入れてのことではないか、と考えられています。

出典:https://blogos.com/


スポンサーリンク


眞子さまの結婚問題 悠仁さま立太子にも影響?

眞子さまの結婚問題がこじれていることは、直接悠仁さまにも陰を落とします。

上皇陛下、今上陛下を嗣ぐ皇太子となられる悠仁さま。

眞子さまに対し、よからぬ呼び方をなさっていたことも話題になりましたよね。

眞子さまは眞子さま、悠仁さまは悠仁さまであることは、誰もが認識しています。

ただ、それだけでは納得できないのも人情というものです。

男系天皇、女性宮家が話題になっている(話題にはなっていますが、議論の余地がないようにも見えます。)現在、悠仁さまにマイナスになる要因は退けたいもの。

眞子さまの動向は、どうしても秋篠宮ご夫妻のご両親としての責任問題に発展してしまいます。

こういう意見が露出するのも、国民が悠仁さまをご心配申し上げているからに他ならないのではないでしょうか。

悠仁さまがご成人なさって、お后さまになられる方の重責を考えると、身内のことのように心配になります。

悠仁さまにとっての懸念材料は、少ないほど良いと思わざるをえないかもしれません。

眞子さまの結婚問題 愛子さま天皇推しにも影響?

一方、国民の8割が愛子さま天皇を望んでいるという現在。

現在の政権でまともに議論する可能性はないと思われます。

ただし、女性宮家が立つということになれば、愛子さまが皇室に残られるのは必然です。

その際にも、悠仁さまより早くご結婚問題が起きます。

現状では、愛子さまのお立場が非常に微妙です。

愛子さまには自由恋愛は許されないかもしれません。

両陛下のようなロマンスもなく、国民の支持を集めながら高位も継げず…。

おかわいそうに思えます。

それ以前に、眞子さまのご結婚問題が何らかの解決をみないと、愛子さまの女性宮家設立そのものが危うくなりかねません。

日本の皇室は、皇族の皆さまの意思とは関係の無いところで、いつまでもこうした慣習に縛られていくのでしょうか。

今のままでは、どなたもお心やすらかにお過ごしになれないのではないでしょうか。

このまま、ずるずると眞子さまの問題が先延ばしされれば、女性宮家の方向性も見えてきません。

スポンサーリンク

秋篠宮さまは「2月に発表とはおっしゃっていない!』

2月半ばになって、こんなYahoo!ニュースが。

そもそも、誰ひとり“2月に発表する”とは言及しておらず、2月中旬になっても何の動きもない現状を考えると、進展を見せるのはまだ先になるでしょう。(宮内庁関係者)

2018年2月6日、眞子さまと小室圭さんの一連の結婚儀式のスケジュールを、お代替わりの重要行事が終わったあとの2020年に延期することが発表。

それからちょうど2年たった2020年の2月6日。

「何らかの発表があるのではないか」

マスコミだけではなく、国民も注目していましたよね。

秋篠宮さまのお誕生日会見で、眞子さまのご結婚に関して、2020年2月で延期からちょうど2年たつことに「何らかのことは発表する必要がある」と述べられたのは、先述のとおりです。

しかし、宮内庁関係者は、こう語っていると言います。

秋篠宮殿下は決して2月に発表するとはおっしゃっていない。

メディアの早とちり感は否めません。

秋篠宮さまからなのか、眞子さまからなのかは不明ですが、宮内庁としても、2020年内に何かしらの発表は必ずあるという認識しているそうです。

ただ、2月23日には令和になってから初めての天皇誕生日が控えており、お祝いムードに水を差すようなことを、秋篠宮さまがなさるはずがない、ということ。

最有力は「5月8日以降」だそうです。

いちばん早くて3月上旬。

天皇誕生日が終わり、上皇ご夫妻が「高輪皇族邸」に引っ越される3月末より前で、皇室に迷惑がかからない時期です。

この時期に発表がなければ、5月8日以降だといわれます。

4月中旬からは秋篠宮さまが「皇嗣」になられたことを国内外に宣言する「立皇嗣の礼」に関する一連の儀式が行われます。

立皇嗣儀式の最後の行事は、昭和天皇陵を参拝される5月8日です。

したがって、そのあとに何らかの発表があるだろう、との見方が有力なのだそうです。

秋篠宮ご夫妻も、延期したものを延期するとい「再延期」はご本意ではないでしょうね。

落としどころが見つからない、難問です。

眞子さまの結婚問題2020年2月 まとめ

  • 2018年2月6日から2年経った現在も、眞子さまの結婚問題について「発表」がない。
  • 眞子さまのお気持ちは変わらない。
  • 小室圭さんの母親の問題も全く解決していない。
  • 紀子さまは女性宮家として佳子さまに期待を寄せている。
  • 眞子さまの結婚問題は、悠仁さまや愛子さまにも悪影響を及ぼすおそれがある。

国民としては、重責を担う皇室のかたがたには、皆さまお心やすらかにご校務に臨んでいただきたいと願っています。

私たちの願いが届くご選択をなさってくださいますよう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする