手帳2019オススメは?あさイチで紹介ガントチャート、手帳類図書館も!

Pocket

出典:日経電子版

2019年の手帳、準備できましたか?NHK・アサイチではガントチャートやオンオフ手帳を紹介、手帳類図書館の情報もありました。2019年の手帳、ガントチャートやオンオフなど、ラインナップを確認しつつ、手帳類図書館の情報も載せました。

スポンサーリンク

2019年手帳をつくるメリット

スマートフォンの普及が進み、スケジュール管理のアプリもたくさんあります。

けれども、年末になると手帳の特設コーナーにはたくさんの人が足を止め、手帳を選んでいます。

2015年に、高橋書店が手帳に関する意識調査を行いました。

高橋書店は、手帳とスマートフォンでのスケジュール管理を比較するために、2014年に手帳を購入し、2015年も手帳を購入予定(または購入済み)で、スマートフォンを保有している20代~50代の男女にアンケートを実施しました。

事前調査で2014年手帳保有者に、2015年も手帳を購入する予定かと尋ねたところ、「購入しない」と回答したのは1割強でした。

そのうち、「スマートフォンで管理するから」は4人に1人で、手帳からスマートフォンへ移行する人は、全体の僅か3%程度でした。

紙の手帳で記録・管理している理由を尋ねると、「慣れているから」が7割弱で最も高く、次いで「楽だから」が約半数、いずれかに回答している人が約8割を占めました。

スマートフォンと手帳を使い分けている方も多いと思います。

また、「手帳を使いこなす大人の姿に憧れていたから」という声もありました。

やはり、紙に書くことで確認でき、めくることで経過を一目で確認できる紙の手帳は、必須アイテムのようです。

ここでは、そんな手帳の新たな展開や、新しい使い方をご紹介します。

2019年ON・OFF手帳

11月29日のNHKアサイチで、手帳を特集していました。

その中で気になったのが、ON・OFF手帳です。

詳しくは画像をクリックしてご確認ください。

水色の面がオンタイム用、ピンクの面がオフタイム用です。

くるんとひっくり返せば、オンオフを使い分けて予定を書き込めます。

これを使えば、気持ちのオンオフの切り替えもスッキリできそうですね。

まだ商品の種類はそう多くありません。

赤青、黄色とベージュ、キャラクターものなどが選べます。

ネットか実物でご覧になってみてはいかがでしょうか。

2019年スマホサイズの手帳

2019年のトレンドは、スマホサイズ手帳だそうです。

文字通り、スマホと同じサイズの手帳です。

詳しくは
画像をクリックしてご覧ください。

こちらも、まだ思ったほど商品が店頭に並んでいません。

筆者も探してみましたが、スマホの大きさにぴったり合う手帳は、案外見つけられませんでした。

意外な盲点でしたね。

確かにこれなら、スマホと一緒にポケットやバッグに入れられそうです。

スマートにスケジュール管理できそうですね。

2019年ガントチャートタイプの手帳

アサイチでオススメだったのは、ガントチャートタイプの手帳です。

ガントチャート Gantt chartとは、プロジェクト管理や生産管理などで、
工程管理に用いられる表の一種です。

作業計画を視覚的に認知することができます。

棒グラフの一種で、横棒が作業の進捗状況を表します。

出典:Wikipedia

こうした形で書き込める手帳が評判なんです。

詳細は画像をクリックしてご覧ください。

ガントチャートタイプの手帳、筆者がみつけたのはこちらのディズニータイプです。

システム手帳のレフィルには飾りのないものもありました。

なるほど、ガントチャートタイプなら、スケジュールが一目で確認できるし、仕事の進捗状況を記録しやすいですね。

ガントチャートを使いこなせば、無駄な時間も省いて良い仕事ができそうです。

スポンサーリンク

手帳が見られる「手帳類図書室」

出典:手帳類収集家さんTwitter

あさイチでは、手帳類図書館という所も紹介していました。

興味深いスポットなので、チェックしてみました。

手帳類図書館は、参宮橋Picaresque(ピカレスク)にあります。 

所在地:東京都渋谷区代々木4丁目54-7 

アクセス:小田急線・参宮橋駅から徒歩3分

入館料:1時間500円(延長同じ)

営業時間:11:00~18:00

営業日:ギャラリーに準拠(土日は基本営業、その他の営業日はピカレスクTwitterでご確認ください。)

他の人が書いた手帳や日記やネタ帳など、「手帳類」を収集する志良堂正史さんのコレクションを見ることができます。

誰にも見せるつもりじゃなかった手帳類を、1時間500円~で見ることができます。

写真は、あさイチでも紹介された、学生さんの日記の続編だそうです。

もう、すごい「熱」を感じます。

人に見せて、「いいね」をもらうためじゃない文章って、迫力がありますね。

参考になる?かは分かりませんが、一度訪れてみたいですね。

手帳の使い方あれこれ

手帳を買うときに、まず押さえておきたいのは、何を書くのかです。

月ごとにスケジュールを管理したい、メモページが多い、などの条件に合うものを選びましょう。

また、手帳というと無難なデザインを選びがちですが、どうせなら他人とはちょっと違う自分らしい手帳を選びたいものです。

どこで、どんなスタイルで手帳を開くかをイメージして選ぶと、かっこよく見えます。

ちなみに、筆者は職場でも有名なねこ好きなので、ねこデザインの手帳を使っています。

そそっかしい筆者が置き忘れても、すぐ「ねこ好きのあの人のだ。」とわかってもらえるからです。

手帳にスケジュールを書き込む時には、複数色のペンを使うというのもオススメです。

記述内容によって使い分けたり、特に強調したい事柄専用の色を使ったりすると分かりやすい手帳になります。

手帳に書き込めるスペースは限られているので、自分で決めた記号や略語を使うのもいいと思います。

略語の文字数を、2字とか3字とかに合わせたほうが、見やすくきれいです。

また、日記帳、ネタ帳としての手帳を活用するのもオススメです。

何でもちょこっと書き留めておくと何かと便利ですし、ひらめいたことを忘れないためにも習慣づけておきたい使い方です。

手帳の新しい使い方は?

最近は、手帳の使い方を指南する本も出ています。

出典:楽天ブックス

見出しに載せた手帳の画像、とてもキレイですね。

最近は、シールやスタンプ、付箋などを上手に使って、きれいな手帳を作る女性が増えています。

人に見せるものでがないとはいえ、手帳がキレイだと気分が上がりますよね。

習慣になれば、使い方の工夫が面倒でなくなるものです。

来年から手帳の書き方に一ひと工夫してみませんか。

もう一つ。スクラップ帳として手帳を使うこともオススメです。

スマホで写真を撮る、に加えて、お店の名刺とかパンフレットのキレイな写真などを、貼り付けておくんです。

もちろん専用のノートを用意してもいいのですが、手帳に貼るというと工夫してエッセンスだけを厳選しますよね。

無駄なく思い出を残す。しかも触れる形で、って、いいと思いませんか。

いいねのためじゃない手帳まとめ

手帳選びは毎年ワクワクしますが、上手く使いこなせているかというと自信がない…。

でも、正解があるわけではありません。

工夫をして、自分なりに使いやすい手帳を作ってください。

なにより素敵なことは、手帳は「いいね」のためにあるのではない、ということです。

SNSに拡散してシェアするのもいいのですが、自分だけの時間、思い出、というのも大切にしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする