【乳児用液体ミルク】解禁!日本の子育ては変わるのか?

Pocket

[トップ]

2018年8月8日、消費者庁から乳児用液体ミルク販売における規定が発表され、実質日本での販売が可能になりました。早ければ1年半後に市販される見込みです。

粉ミルクと違い、お湯がいらず常温で飲ませることが出来るため、災害時に役立つことは間違いありません。ただ、普段の育児に使うには、安全性や価格などに心配の声が上がっています。

【乳児用液体ミルク】のこれからについて、販売開始への課題も含めて考えてみたいと思います。

目次

  1. 【乳児用液体ミルク】とは?
  2. 【乳児用液体ミルク】に関する日本人の意識
  3. 【乳児用液体ミルク】の安全性と価格
  4. 【乳児用液体ミルク】は子育てをどう変える?
  5. まとめ ~社会と企業の意識が重要~

1.【乳児用液体ミルク】とは?

乳児用液体ミルクには次のような特徴があります。

  • 粉ミルクと同様の成分
  • 新生児から飲ませられる
  • すでに調乳済なので、お湯を入れたりする手間がない
  • 温めずにそのまま飲ませられる
  • 紙パックやレトルトパウチ、缶などに入っている
  • 常温で保存が可能。保存期間は開封前で半年~1年

乳児用液体ミルクは、市販されている粉ミルクと同様の成分が入っており、すでに調整済となっています。そのため「粉ミルクをお湯で溶かして赤ちゃんに飲ませられる状態になったもの」が紙パック等に入って売られている状態と言えます。

一般的な粉ミルクは、70℃くらいのお湯に粉を計って入れて溶き、人肌に冷まして与えるというものです。準備に時間がかかるのはもちろん、ほ乳瓶や乳首などを十分清潔に保つ必要があります。

その点では、現在海外で紙パックや缶に入れて販売されている【乳児用液体ミルク】もほ乳瓶に入れ替えるか、専用乳首をつける必要があり、管理は必要です。

常温のミルクを赤ちゃんが飲んでくれるのか、という懸念がありますが、wotopiによると現在フィンランドでは9割、スウェーデンでも5割の赤ちゃんが【乳児用液体ミルク】で育てられているそうです。この事実を考えると問題ないようです。飲んでくれない場合も、70℃のミルクを人肌に冷ますより、常温を人肌に温める方が手間がかからないかもしれません。

【乳児用液体ミルク】は、2016年の熊本地震でフィンランドから支援物資として送られてから関心をあつめるようになりました。

災害時の乳児用液体ミルク調達のための協定について
東京都では、このたび、災害時における乳児用液体ミルクの調達について、イオン株式会社と「災害時における物資の調達支援協力に関する協定」(以下「本協定」という。)を締結することで合意しましたのでお知らせします。
乳児用液体ミルクは、常温での保存が可能であり、お湯も不要であるため、災害時に有用です。
国においては、本年3月に規格基準案がまとまり、現在、国内流通に向けた取組が進められています。今後、国で省令等が改正されれば、国内での製造・販売が可能となりますが、実際に製造が開始されるまでには、それから少なくとも1年以上かかる見込みです。
そのため、今回、都は独自に、災害時に乳児用液体ミルクを海外から緊急に調達できるよう、イオン株式会社と本協定を締結することとしました。
今後、協定書を取り交わす予定です。

出典:東京都ホームページ 2018年6月8日福祉保健局

東京都は、その後2018年7月豪雨や北海道地震などの災害に対して【乳児用液体ミルク】を支援物資として提供しました。災害が絶えない現代日本において、【乳児用液体ミルク】は必要不可欠なものとなりつつあると言えるでしょう。

2.【乳児用液体ミルク】に対する日本人の意識
【乳児用液体ミルク】の開発に熱心な江崎グリコが、現在授乳中(0~12か月)の子を持つママ・パパ計1000名を対象に「乳児用液体ミルクに関する調査」を実施しました。以下がその結果です。

「乳児用液体ミルク」の認知度
「乳児用液体ミルク」の使用意向
「乳児用液体ミルク」を使用してみたいシーン
「乳児用液体ミルク」の気になる点

出典:「流通ニュース」2018年9月4日

子育て世代にもまだ認知度が低く(図1)、「使用してみたい」というパパママもようやく過半数に過ぎません(図2)。

いっぽう、図3「どんなときに使用してみたいか」の質問には、「災害時」をこえて「外出時」が1位になっており、実際の子育ての場面では外出時の授乳に不便を感じているパパママが多いことがわかります。

ただ、図4のように安全性や価格に関する不安が大きいのも事実です。

スポンサーリンク

3.【乳児用液体ミルク】の安全性と価格

乳業メーカーの業界団体「日本乳業協会」が【乳児用液体ミルク】の安全性を確認している。

同協会(筆者注「日本乳業協会」)は、国内各メーカーが試作した液体ミルクの缶とパウチ、紙パックそれぞれのタイプを最大15カ月間常温で放置して、大腸菌、サルモネラ属菌などの微生物が検出されるか調べた。結果、すべて陰性だった。

出典:朝日新聞 2018年9月15日

さらに、液体ミルクは無菌状態で詰めるか、詰めた後に滅菌する製法のため、家庭で作る粉ミルクより安全性が高いとしている。WHO(世界保健機構)が定める粉ミルク調乳のガイドラインでは、生後2カ月までの感染リスクが高い乳児には、粉ミルクより液体ミルクが推奨されているという。

諸外国で販売されている液体ミルク。米国では60ミリリットル入りが約1ドルで売られている(出典:朝日新聞デジタル 2018年9月15日)

価格に関しても不安が残る。

国内各社がすぐに液体ミルクの販売を開始するわけではない。業界団体、日本乳業協会の難波和美広報部長は、安全性承認に向けた申請作業や工場の整備が必要なため、各社が製品の販売を開始するまでには最短で1-2年かかるとの見通しを示した。 

JPモルガン証券の角田律子アナリストは、政府は災害時の利便性を念頭において液体ミルクを解禁しており、「乳児用ミルクの総需要の増加に寄与するものではない」と指摘。世界の乳児用ミルク市場でも液体ミルクは全体の1割ほどに過ぎず、新たな設備投資が必要なためメーカーにとっては負担になると話した。しかし、各社は「社会的な貢献という意味で対応せざるを得ない」とみている。 

明治ホールディングス傘下の明治や江崎グリコは液体ミルクの発売には前向きだが、販売開始時期は未定としている。明治広報担当の亀井朋久氏によると、今後商品設計に取りかかり、それを踏まえて投資計画を練る考え。さらに厚労省や消費者庁の承認が必要なため、申請の準備も進める方針だ。江崎グリコ広報担当の青山花氏は、乳児が飲む製品のため通常の牛乳よりも細かい基準を満たす必要があり「異なる製造設備が必要」と述べた。 

森永乳業広報担当の渡辺光典氏によれば、同社の粉ミルクは100ミリリットル当たり約40円だが、海外での液体ミルクの価格は同200円弱から300円程度。製造ロットの少なさや物流費用を考えると、国内では同等かそれ以上の価格になるという。同社は「商品化に向けてさまざまな課題があり、引き続き検討が必要」との立場だ。

また、国内で液体ミルクが消費者から支持を得られるか先行きは不透明だ。少子化に加えて母乳での育児を推奨する動きが広がっており、粉ミルクの需要は減少傾向。厚労省の調査によると、1990年に5782万キログラムだった国内の調製粉乳生産量は、2016年には2766万キログラムに半減している。 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の角山智信アナリストも女性の社会進出促進につながり、災害時に利便性を発揮する液体ミルクの需要はあると予測するが、先行する海外でも大部分は粉ミルクが占めており市場規模はそれほど大きくないと語った。 国内とは対照的に期待が高いのは輸出需要だ。自民党の勉強会「乳児用液体ミルクの普及を考える会」の自見英子事務局長は、乳製品は輸出の重点項目と位置付けられており、今後国内での製造・販売が始まれば液体ミルクもその対象になると述べた。

乳幼児用粉ミルクの輸出は増加傾向にあり、財務省の貿易統計によると、17年の輸出額は約80億円と10年前の約5倍に増えた。明治は7月、東南アジアを中心に粉ミルク事業の拡大を図るため、約120億円を投じて埼玉工場に粉ミルク用の製造棟を新設することを発表した。20年9月ごろの生産開始を予定している。

出典:Bloomberg 2018年8月17日

この記事を拝見すると、世界基準ではまだ粉ミルクの方が需要が高く、日本はむしろ粉ミルクの輸出に力を入れていることがわかります。WHOの指針があっても、液体ミルクの生産数が劇的に増え、価格が安くなることは考えにくいことになります。

現在販売されている粉ミルクの5倍から7.5倍の価格となると、子育て世代への負担が大きくなります。1年半後、国産液体ミルクが市場に出回っても、定着するかどうかメーカーでさえ測りかねているのが現状のようです。

「赤ちゃん 無料写真素材」の画像検索結果

4.【乳児用液体ミルク】は子育てをどう変える?

【乳児用液体ミルク】を使用すると、私たちの子育てはどう変わるでしょうか。

①外出時の授乳が簡単になる。

赤ちゃん連れのお出掛けは、ただでさえ荷物が多くなりがちです。粉ミルクだと小分けにしたミルク(小分け用の袋も、西松屋などで販売しています。)とお湯を入れた保温水筒などを、衛生に気をつけて持ち歩かなくてはなりません。【乳児用液体ミルク】の場合、専用の乳首かほ乳瓶だけで済み、すぐに授乳することができます。

パパママがひとりで赤ちゃんと外出しなければならないとき、さらに上の子も連れて、ということになれば、粉ミルクの準備はとても大変です。

月齢の小さい赤ちゃんを外出させることはあまりお勧めできませんが、やむを得ない場合パパやママを助けてくれる存在になりそうです。

②子育ての大変さを軽減。イクメンが増える可能性もあり。

昼間、ママひとりで育児をしなければならない場合、特に初めてのお子さんだとうつ状態になってしまう方も少なくないと聞きます。育児書や育児雑誌がたくさん出ていますが、書いてあるとおりになるはずがないのに、自分を責めて悩むママもいるでしょう。

母乳が十分に出なかったり、保育所などに預けて仕事に復帰するママも、悩みだらけです。

粉ミルクを計って溶かして冷まして、飲ませたらほ乳瓶と乳首を消毒して…。その手間が少しでも減ったら、ママにも保育士さんにも時間の余裕ができると思います。

パパの育児参加もしやすくなります。泣いているママが赤ちゃんをあやしている間に、ぱぱっとミルクを用意できます。赤ちゃんをだっこしてミルクをあげる時間は、「親になる」ために大切な時間であるし「親になった」幸せを実感できる時間でもあります。パパにもその時間をしっかり持っていただける「きっかけ」になるのではないでしょうか。

[トップ]

③非常時、災害時に必須。

家の中でのトラブルや地域の問題などで、断水や停電などのインフラが滞ることがあります。パパママが入院するなどの突発的な事態もないとは言えません。そういった非常時の備えに、買い置きの【乳児用液体ミルク】が役立ちます。

もちろん、先に述べた豪雨や地震などの災害で避難しなければならなくなったときに役立つことは言うまでもありません。

ただし、課題もあります。消費期限が短いということです。また、消費期限が近づくと、品質に問題がなくても見た目が変化すると聞いています。

国や自治体などが非常用として備蓄する場合、どう回転させるかが課題になると考えられます。毎年買い換えるくらいでちょうどよいと思われます。不要になったミルクも、消費期限ぎりぎりでなければ住民に還元する、あるいは寄付する等の活用ができると考えられます。

自治体の備蓄により需要が安定することが生産の安定にもつながり、単価を下げることに結びつくのではないでしょうか。

5.まとめ ~社会と企業の意識改革が必要~

筆者が出産した頃は、まだ紙オムツがマイナーでした。紙オムツ「を使っていると言うと、徹底的に非難されたものです。「紙オムツを使うと知能の発達が遅れる」「紙オムツを使うとおむつが取れるのが遅くなる」等の雑誌記事が堂々と載せられていました。紙オムツを使う母親は怠慢だ、という認識がありました。

現在は出産祝いに「オムツケーキ」が送られる時代になりました。紙オムツの種類も増え、成長や場面に合わせて使い分けることができます。

紙オムツが市民権を得たのは、女性の社会進出が政府に後押しされ、社会の意識が変わったとともに、企業努力のたまものです。紙オムツの質の向上と宣伝の効果が大きいと考えられます。

【乳児用液体ミルク】の関しては、現在子育て中のパパママの認識さえそれほど高くないのですから(2.【乳児用液体ミルク】に対する日本人の意識 参照)、社会全体の意識が高いとは言えません。さらに、企業の中にも温度差があり(3.【乳児用液体ミルク】の安全性と価格 参照)、これから1年半の間にどのような企業努力がされるのか不透明です。

さきに述べたように、【乳児用液体ミルク】が普及する場合ネックになるのは価格です。価格が下がるためには企業努力が必要ですが、同時に原料「ホエイ」の輸入に関する国の後押しも重要です。

また、「粉ミルク問題」同様、使用するパパママが正しい使用法を認知することも大切です。赤ちゃんの体に入り、体を作るものですから、例えば飲み残しをとっておいて飲ませるような事態は避けなくてはなりません。これだけは日本人の「もったいない精神」を発揮してはいけません。

【乳児用液体ミルク】の普及には多くの課題があります。なによりも赤ちゃんのためいちばんいい方向へ社会、企業、そして国や自治体がシフトしていくことを期待します。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

[トップ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする