脛やふくらはぎが痛い人!原因は意外な脊柱管閉塞症かも?体験談です!

Pocket

スポンサーリンク

出典:https://epark.jp/

立ち仕事や歩いた後、脛やふくらはぎが痛い人必見です!原因は意外にも「脊柱管閉塞症」かもしれません。体験談です。2年間あれこれ試してダメだった痛みの原因が分かりました。治療を始めたので、経過を報告していきますね。脛やふくらはぎが痛い人、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

最初はただの疲れだと思いました

立ったり座ったり、階段を上り下りしたり。

特に経っている時間が多い仕事をしている筆者。

3年ほど前から、仕事の途中や仕事終わりに脚、特に脛やふくらはぎが痛むようになりました。

立っていられないと言うほどではないけれど、ともかく痛いんです。

家に帰ってからは、脚を高くして伸ばしてすわり、寝るときも脚枕をして寝ました。

お風呂の中でマッサージをすると良いと聞きました。

ただし、がんがん揉むのは、他の病気の人もやめた方が良いそうです。

なでるように、下から上に。

いわゆる「ヒラメ貼り」も試しました。

湿布をふくらはぎに貼る、あれです。

けれども、私は肌が弱いので、毎日湿布をすると肌が荒れてしまいます。

匂いも気になりますよね。

画期的な解決もないまま、約1年。

脚の期限をとりながら、という感じで仕事を続けました。

静脈瘤では?の声

職場の先輩に話したところ、静脈瘤じゃない?とのアドバイス。

私の父親は、40代くらいから静脈瘤がはじまり、高齢になるにつれて脛にごつごつと血管が見えて、すごかったんです。

そこで、ネットで調べてみました。

確かに、脛やふくらはぎが痛むらしい。

遺伝もするらしい。

最近、静脈瘤の専門医がいらっしゃいますよね。

そこへ行ってみようかな、と思いましたが、どうもそれらしき様子がみられません。

平均的な体型の私なので、そこそこ血管は見えますが、特に異常も見当たりません。

そこで、検診でかかった循環器科のお医者さまにうかがったところ…。

「そんな兆候はありませんね~。」

どうも、コレも違うらしいんです。

スポンサーリンク

血圧が高くなっちゃったから?

筆者の年齢がバレちゃうんですが…。

もともと、白衣高血圧だったあがり症の私。

ついに、緊張してないのに血圧が高くなるようになってしまいました。

こちらも、遺伝的要素が強いそうです。

私の両親は、30代から高血圧の薬を飲んでいたそうなので、いつかは来るかな、と思っていましたが…。

ちょうど1年前、地元で評判の循環器科の先生に見ていただきました。

通院していますが、そのたびに脚のむくみや血管の様子を触診していただいています。

というのも、初診の時、脛やふくらはぎが痛む、という話をしたからです。

よく、ふくらはぎは第二の心臓、なんて言いますよね。

血圧が高いことによる脚の痛みもあるそうなんです。

そこで、降圧剤を飲むことになりました。

確かに、少し楽になりました。

ただ、少し。

1,2時間立っていても、「無理!」とはなりませんが。

痛いんです、やっぱり。

異変が起きたのは、降圧剤を飲み始めてからちょうど1年後です。

脚の痛みに股関節のしびれる感じが追加?

脛やふくらはぎの痛みの機嫌をとりながら仕事を続けていましたが、2020年6月になってから。

初めは、立ち姿勢から動き出したときに。

次第に、ただ座っていても、ソレが起こるようになりました。

ただ、一日に1回くらい。

最初は1週間に2回くらい、でもだんだん一日おきになってきました。

右の股関節にしびれるような違和感と、神経がピリピリするような痛みが走ったんです。

数分するとおさまるのですが…。

まさかの「神経痛」?

やばくない?それって年配の方の病気じゃないの?

現役仕事人の私がなるの??

さすがに危機感を持った私は、以前バネ指の手術をした整形外科医を受診しました。

スポンサーリンク

まさかの病名にショック!

症状を一生懸命に伝えると、先生は私の右足を持って(笑)ぐるぐる。

あっちに曲げたりこっちに曲げたり。

でも、ほとんど痛みがないんです。

そこで、先生が一言。

「ちょっと気になることがあるんで、何枚かレントゲン撮っていいですか?」

「はい、お願いします。」

レントゲン室でいろいろな角度から脚や腰のレントゲンを撮っていただきました。

改めて診察室に呼ばれると、先生が「犯人が分かりましたよ!」

そこで告げられたのが、「腰部脊柱管狭窄症」。

いわゆる「すべり症」といわれる、背骨の一つがちょっとずれちゃっていることが分かりました。

ナイナイの矢部さんがかかって話題になりなりましたよね。

矢部さんが発症したのも40代ですよね。

高齢の方がなる病気とは限らないそうです。

さらにMRIで、どのくらい狭くなっているのか確認をしていただきました。

確かに、下から五つ目の骨だけ、ちょっと滑ってるんです…。

私、肩こり持ちですが、腰が痛くなったことは一度も無いんです。

姿勢が良いのも自慢でした。

なのに、もう、そんな病気になっちゃうの???

脊柱管狭窄症って何?

そもそも、脊柱管狭窄症って、ご存じですか?

こんな風に、背骨がずれて、神経を圧迫してしまう病気です。

出典:https://www.takedahp.or.jp/

加齢や労働、激しいスポーツなどで起こる病気です。

「脊柱管」というのは、椎間板と関節、靱帯などで囲まれた、脊髄の神経が通るトンネルのようなところです。

背骨が変形したり、椎間板がふくらんだり、靱帯が厚くなることによって、神経が圧迫され、血流が低下して症状が出るそうです。

私の場合、写真ほどは狭くなっていませんし、歩き続けることも立ち続けることもできます。

ひどくなると、少し歩いては休み、少し立っては休みしないと痛くていられなくなるそうです。

スポンサーリンク

投薬治療始めました

私の場合、手術とかコルセットとかの必要は無いということで、投薬治療を始めました。

血流を良くする薬と、痛み止めで、一日3回一錠ずつを服用します。

現在、5日目ですが、ずいぶん楽になりました。

脚、痛まないんです、ほんとに。

股関節のしびれる感じもまったくありません。

医仁会武田総合病院さまの「チーム脳外」のブログに、以下のような記述がありました。

軽症から中等度の患者さんのうち1/3くらいの方は、自然によくなることが知られています。

したがって、運動麻痺がなく日常生活に支障を感じていない場合は、前述の間欠性跛行があっても、まず手術をしないでしばらく様子を見るというのがよいと思います。

ただし、全体の1/3くらいの人は経過中に症状が悪化し、手術が必要になっています。

私の場合、2,3年ほうっておいたので、軽度度はいかないかもしれません。

それにしても、まさか脚の痛みの原因が腰だなんて!

思ってもみなかった事実です。

皆さんにお知らせしたくてブログに書きました。

まとめ

立ち仕事で脛やふくらはぎが痛む方。

まさかの原因が隠れていることを、身をもって実感しました。

今後も、治療の経過を追記していきます。

「餅は餅屋」といいますが、やはり専門のお医者さまに見ていただくのが一番ですね。

参考にしていただければ幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする