箱根駅伝2019 青山学院大・東洋大に迫るのは?各校注目選手まとめ

Pocket


出典:Yahoo!Japan
スポンサーリンク

お正月といえば箱根駅伝!という方、多いですよね。青山学院大学の5連覇を昨年2位の東洋大学が阻止するのでしょうか。2019箱根駅伝の本命青山学院大学と東洋大学をはじめ、出場各大学の注目選手をまとめました。

2019箱根駅伝出場校一覧

2019箱根駅伝に出場予定の大学は、次のとおりです。

シード校は1~10、予選会を勝ち抜いた大学は12~

  1. 青山学院大学 :24回目 11年連続 総合優勝4回(4連覇中) 
  2. 東洋大学 :77回目 17年連続 総合優勝4回
  3. 早稲田大学:88回目 43年連続 総合優勝13回
  4. 日本体育大学:71回目 71年連続 総合優勝10回
  5. 東海大学:46回目 6年連続 (最高2位)
  6. 法政大学:79回目 4年連続 (最高3位)
  7. 城西大学:15回目 2年連続 (最高6位)
  8. 拓殖大学 :40回目 6年連続 (最高7位)
  9. 帝京大学 :20回目 12年連続 (最高4位)
  10. 中央学院大学 :20回目 17年連続 (最高3位)
  11. 【関東インカレ成績枠】日本大学 :88回目 1年連続 総合優勝12回
  12. 駒澤大学:53回目 53年連続 総合優勝6回
  13. 順天堂大学:60回目 8年連続 総合優勝11回
  14. 神奈川大学 :50回目 9年連続 総合優勝2回
  15. 國學院大學 :12回目 3年連続 (最高10位)
  16. 明治大学 :60回目 1年連続 総合優勝7回
  17. 東京国際大学 :3回目 2年連続 (最高17位)
  18. 大東文化大学 :50回目 7年連続 総合優勝4回
  19. 中央大学 :92回目 2年連続 総合優勝14回
  20. 国士館大学 :47回目 3年連続 (最高3位)
  21. 山梨学院大学:33回目 33年連続 総合優勝3回
  22. 上武大学 :11回目 11年連続 (最高14位)
  23. 【オープン参加】関東学生連合

2018出雲駅伝・伊勢駅伝の結果からの予想

2018年10月8日に実施された出雲駅伝、11月4日に実施された伊勢駅伝の結果は以下の通りです。

【出雲駅伝】 総合成績

  1. 青山学院大学
  2. 東洋大学
  3. 東海大学
  4. 拓殖大学
  5. 帝京大学
  6. 中央学院大学
  7. 立命館大学
  8. 城西大学
  9. 日本体育大学
  10. 早稲田大学
  11. アイビーリーグ選抜
  12. 法政大学
  13. 京都産業大学
  14. 皇學館大學
  15. 日本文理大学
  16. 札幌学院大学
  17. 大坂経済大学
  18. 北信越学連選抜
  19. 札幌国際大学
  20. 広島経済大学
  21. 東北学連大学

【伊勢駅伝】 総合成績

  1. 青山学院大学 
  2. 東海大学
  3. 東洋大学
  4. 駒澤大学
  5. 帝京大学
  6. 國學院大學
  7. 法政大学
  8. 城西大学(ここまで2019年のシード校)
  9. 明治大学
  10. 神奈川大学
  11. 日本大学
  12. 日本体育大学
  13. 順天堂大学
  14. 中央学院大学
  15. 早稲田大学
  16. 立命館大学
  17. OP.日本学連選抜
  18. 京都産業大学
  19. 皇學館大學
  20. 第一工業大学
  21. OP.東海学連選抜
  22. 新潟医療福祉大学
  23. 東北大学
  24. 広島経済大学
  25. 札幌学院大学
  26. 愛知工業大学
  27. 大阪経済大学

特に、伊勢駅伝は大学駅伝チームの日本一を決める大会で、インカレに相当する大会です。

箱根駅伝は関東の大学のみの参加ですが、伊勢駅伝の結果が箱根駅伝の結果予想の参考になりそうです。

本命・青山学院大学

出典:青山学院大学陸上競技部Twitter

何といっても大本命は青山学院大学です。

原晋(はら すすむ)監督のご指導の下、既にシーズン2冠を達成しています。

注目選手は4年生の鈴木塁人(すずきたかと)選手です。

書いている言葉は、あの『頭文字D』の一節だそうです。

出典:青山学院大学陸上競技部Twitter

最後の駅伝、どの区間で、どんな走りを見せてくれるでしょうか。

楽しみです。

対抗・東洋大学

2018箱根駅伝で惜しくも2位だった東洋大学に、打倒青山学院大学の期待がかかります。

出雲駅伝でも伊勢駅伝でも2位でした。

今度こそ!という最強の布陣で大会に臨んでくると思います。

注目選手は、相澤晃(あいざわあきら)選手、3年生です。

箱根の経験はないのですが、2019箱根駅伝に登場は間違いないと言われています。

出典:スポーツ報知

イケメン、ということでも話題になっています。

予選会トップの駒澤大学にも注目

出雲駅伝、伊勢駅伝で東洋大学と2位を競った東海大学にももちろん期待が集まっています。

ここでは、あえて予選会トップの駒澤大学に注目してみたいと思います。

今季の駒澤大学は出雲駅伝に出られず、予選会に回ることになったため、例年より早く長距離を走るコンディションができあがったそうです。

かつて6度も優勝し、予選会で圧勝した駒澤大学の注目選手は、片西 景(かたにしけい)選手です。

出典:
駒澤大学 陸上競技部 公式HP

4年生で、予選会では1時間01分50秒のタイムをたたき出しています。

予選会から優勝、のシーンが観たいと思います。

スポンサーリンク

シード校10校 注目選手まとめ

早稲田大学:太田智樹(おおたともき)選手 3年

日本体育大学:山口和也(やまぐちかずや)選手 3年

東海大学:館澤亨次(たてざわりょうじ)選手 3年

法政大学:佐藤敏也(さとうとしや)選手 3年

城西大学:青木涼真(あおきりょうま)選手 3年

拓殖大学 :硴野魁星(かきのかいせい)選手 4年

帝京大学 :小森稜太(こもりりょうた)選手 2年

中央学院大学:樋口 陸(ひぐち りく)選手 4年

日本大学:岡田慶一郎(おかだけいいちろう)選手 4年

スポンサーリンク

予選会を勝ち抜いた大学 注目選手まとめ

順天堂大学:塩尻和也(しおじりかずや)選手(4年)

神奈川大学 :山藤篤司(やまとう あつし)選手 4年

國學院大學 :土方英和(ひじかたひでかず)選手 3年

明治大学 :阿部弘輝(あべひろき)選手 3年

東京国際大学 :浦馬場裕也(うらばばゆうや)選手 4年

大東文化大学 :川澄克弥(かわすみかつや)選手 3年

中央大学 :中山 顕(なかやまけん)選手 3年

国士館大学 :住吉 秀昭(すみよしひであき)選手 3年

山梨学院大学:永戸 聖(ながとしょう)選手 3年

上武大学 :太田黒 卓(おおたぐろすぐる)選手 4年

2019箱根駅伝 放送予定は?

2019年第95回箱根駅伝は、例年と同じ日本テレビで放送されます。

朝7時から放送です。

出走は8時ですが、各チームの紹介などが事前に放送されます。

毎年、CM前のアイキャッチャーに過去の大会の名場面が流れるのも楽しみですね。

https://twitter.com/hakone_ntv/status/1070152027374845952

2019箱根駅伝 観たいポイントまとめ

箱根駅伝の魅力は、母校のタスキをつなぐ学生さんたちのチームワーク、友情がストーリーのように展開するからです。

往路では、鶴見中継所と戸塚中継所の2か所では1着通過から10分以内、平塚中継所、小田原中継所では20分以内にタスキをつながないと、繰り上げ発走になってしまいます。

復路では、1位のチームから10分以内に往路ゴールしたチームが、そのタイム差でスタートすることができます。

10分差以上で往路ゴールしたチームは、繰り上げスタートとして一斉に走りだします。

さらに、1着と20分以上差がつくと、各中継所で繰り上げスタートになってしまうのです。

母校のタスキをかけることができず、白地の繰り上げ用のタスキをつなぐことになります。

判定は非常にシビアで、筆者の母校も十数メートルのところでタスキをつなげなかったことがあり、切なくて涙が出ました。

この日のために懸命に練習を重ねてきた選手たち全員が、母校のタスキをつなげて走ることができるといいですね。

見所情報は、随時追記します。

スポンサーリンク

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする